2020年 11月 25日 (水)

相談増える「ロジハラ」って、正論で追い詰め不快にさせる行為! 夫の正論に「ダメな妻」とうつ状態になる人もいるというが...

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   SNSを中心に、新しいハラスメント「ロジハラ」が注目されている。ロジハラとはロジカル・ハラスメントの略で、「論理的な嫌がらせ」のこと。正論を振りかざして相手を追い詰め、不快な気持ちにさせる行為だ。

   ハラスメント問題に詳しい、産業カウンセラーの大野萌子さんは、「コロナ禍でロジハラの相談は増えている」と話す。「テレワークやメールのやり取りで、簡潔に伝えようとするほど、命令口調になってしまうことがある。正論を言われると自分が悪いと思いがちです。そうすると他人にも相談できず、心理的に追い詰められてしまい、うつ状態になってしまう人もいます」と言うのだ。

反論しても倍以上の理屈が返ってくる。それはモラハラでは?

tv_20201021123511.jpg

   「家庭でもロジハラは起こっている」と、グッとラックは1つのケースを紹介した。2人の子供を持つ30代の専業主婦は「旦那から『帰るよ』と連絡があるだけで手が震えて動悸がしてくる。私はダメな人間なんだと考えてしまう」と話す。その理由は普段は優しい夫が「ロジハラ夫」に豹変する瞬間があるからだ。

   例えば、「今から帰るから部屋をきれいにしておいて」と仕事終わりの夫からメールがある。家事に追われて指示通り片付けまで手が回らないと夫は豹変。「なんで汚いんだ」「散らかった家に帰りたくないから連絡したんだよ?」などと責められる。「また遊ぶから、子どもが寝た後に片付けようと思って」と女性が言うと、「今はテレビ観ていて遊んでないじゃん」「ほかの専業主婦はみんなできていることだよ」と倍以上の「正論」が返ってくる。しかしこれは、そもそも正論でもないので、ロジハラというよりモラハラではないか。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中