2021年 4月 18日 (日)

新型コロナ感染後の「後遺症」が深刻だ。倦怠感や脱毛、微熱、嗅覚・味覚障害...120日以上も。重症化や長期化の恐れに、実態把握が急がれる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルス感染後に陰性となり「治った」と思ったら、後遺症が長期にわたって続く可能性があることがわかってきた。感染者が9万人を超えるなか、コロナ治療後の暮らしをどう支えるのか、を考えた。

   「コロナ後遺症」に苦しむ声がいま、次々とSNSに投稿されている。「また熱が。味覚嗅覚まったくなし。わたし退院したよね」「陰性が出てからも症状がまったく治らず。頭痛、倦怠感、湿疹といった症状が続いています。20歳で持病もないのに」「軽い息苦しさと鼻腔の鈍痛がしつこい」。

   東京・渋谷区の平畑クリニックは、こうした後遺症に悩む患者を積極的に受け入れてきた。この半年で237人に上る。9月に感染が確認された30代男性は、「(退院して)外出するようになって、少し歩いただけでだるさを感じたり、熱が出たりもした」。平畑光一医師は、患者の中には、寝たきりになったり、夜も眠れなかったり、深刻なケースもあるという。「ものすごくつらい思い、想像を絶するつらさを抱えている」。後遺症が長期に及ぶ人も。今年春に感染した40代男性は、40度近い熱とせきがあり1カ月余り入院した。その後回復し陰性も確認、職場に復帰した。ところがその後、微熱や呼吸の苦しさが。半年以上も続いている。やむを得ず休職。いまは1日のほとんどを寝て過ごしている。

  • 後遺症が長期化する場合も(『NHKクローズアップ現代+』公式サイトより)
    後遺症が長期化する場合も(『NHKクローズアップ現代+』公式サイトより)
  • 後遺症が長期化する場合も(『NHKクローズアップ現代+』公式サイトより)

第1波の時にPCR検査を受けられなかった人が後遺症に悩んでいる

   国立国際医療研究センターは今月、後遺症に関して63人に聞き取りした調査結果をまとめた。もっとも多かったのは息切れ(11.1%)。これに嗅覚の異常(9.7%)、倦怠感(9.5%)が続く。こうした症状が120日以上続くことも分かってきた。厚生労働省も後遺症の実態について8月から3月末まで研究、どんな人に後遺症が出やすいか、調べることにしている。

   平畑クリニックではさらに、「今年の春にPCR検査を受けられなかった」(後遺症)患者が相次いだ。患者の1人は「一番ジレンマに感じるのは、検査が陽性だったら治療もしてくれるけど、陽性が出ていない。ずっと時が止まっていて、夏とか全然生きていた覚えがなくて、いつまで続くんだろう」。平畑医師は、後遺症は予想以上に広がっているのではと懸念している。「37度5分以上の熱が4日以上続かないとPCR検査が受けられない時期があって、まじめに守った方々が、その後、後遺症で苦しむことになっている。これを放置するのはかなりよくないことだと思う。非常にそういう方が多い」。孤立を深めた人も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中