2020年 11月 26日 (木)

コロナ禍でメンズコスメがバカ売れだ!なんと昨年の8倍、「マスクで鼻下にニキビ」「オンラインで顔露出するから...」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   新型コロナのマスク生活が定着し、女性向け化粧品が売り上げを落とすなか、反対に盛り上がりを見せているのが男性向けコスメ市場だ。男性向けファンデーションの市場規模は、昨年1~9月(2019年)は2700万円だったのが、今年(2020年)の同期間は約8倍の2億1400万円と急成長している。

   東京・渋谷ロフトには、ファンデーション、ネイル、コンシーラーなど男性向けコスメ約500点が並んでいる。売れ筋は、メイクしていることがバレにくい商品。一見するとグレーのリップクリームのようだが、唇に乗せるとピンク色になるリップが人気だという。また、ニキビ跡やひげの剃り跡をカバーするためのベースカラーも売れている。彼女と買い物中の20代男性は「眉は自分で描くようにしています」、別の20代男性は「出かける時に肌の調子が悪ければファンデーションを使う」と話していた。

授業や打ち合わせ、画面に大きく映る顔を意識か

tv_20201118121206.jpg

   なぜ、いまメンズコスメなのか。20歳の男子学生は「マスクをしていると鼻の下にニキビができやすい。肌荒れしやすくなった」。別の20代の男子学生も「オンライン授業で顔が出るので、肌に気を遣うようになった」という。資生堂「UNO」の開発担当の林詩遥子さんは「コロナが後押しになっている。オンラインでの打ち合わせが多くなり、画面に自分の顔が大きく映し出されることで気にする方が増えています」と話していた。

   トラウデン直美(モデル)「私のまわりでも、『実はコンシーラー塗っているんだ』という男友だちがいて、一般的になってきていると感じます。(男性の化粧に)私は抵抗ないですね」

   司会の加藤浩次「男性がここに一歩足を踏み入れると、止まらないですよ。僕もこれからアイラインを入れようかな」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中