2020年 12月 1日 (火)

眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   秋篠宮眞子さんが11月13日に発表した「お気持ち」をめぐって、文春と新潮の見方が分かれている。新潮は「『眞子さま』結婚宣言で『小室圭さん』圧勝」だと、さしもの結婚反対派も完敗を認めているのに、文春は「秋篠宮が覚悟 眞子さまを"勘当"する」と、まだうじうじと小姑のように難癖をつけている。

   先週私が書いたように、眞子さんの「お気持ち」は小室圭と合作した「結婚宣言」である。しかも、これを出すにあたって、父親の秋篠宮と母親の紀子さんだけではなく、天皇皇后、上皇上皇后にも了解を得ていると書いてあるのだ。文春のように、秋篠宮がこの内容に怒って「勘当する」はずはない。

   冒頭文春は、秋篠宮家にきわめて近い人物の談として、眞子さんと結婚すれば小室圭は「元皇族の夫」として皇室行事に関わることになるが、秋篠宮は「それにはふさわしくない方」だと考えていて、「もし眞子さんがこのまま結婚を諦めないとおっしゃり続けるのなら、縁を切る、つまり"勘当"することも覚悟しておられるのです」といわせているが、全文を読む限り、そのような根拠は何もない。

   かえって、2人の交際に密かにエールを送っていたのは、当時皇太子だった現天皇だというのだ。3日後に渡米する予定の小室圭が秋篠宮邸を訪れた際、報道陣を避けるために「東宮御所正門」を通ったが、それを許可したのが皇太子だったというのである。

   また、「眞子さまは、穏やかそうに見えて、実は秋篠宮家の中でも最も意志が強固で、性格がお強い」(秋篠宮家の内情をよく知る立場にある男性)。周囲の温かい見守りと、彼女の意志の強さがあって、ようやくここまでこぎつけたのである。

  • 眞子さんの「結婚への決意」を伝えるフジテレビのニュース
    眞子さんの「結婚への決意」を伝えるフジテレビのニュース
  • 眞子さんの「結婚への決意」を伝えるフジテレビのニュース

文春が書くように秋篠宮が眞子さんを「勘当する」はずはない。秋篠宮が11月30日、誕生日会見で何を話すのか楽しみである。

   新潮で、「お気持ち」の「随所にあった強い言い回しには驚かされました」と宮内庁担当記者がいっているように、「『生きていくために必要』というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、ご家族をはじめ周囲はそれ以上、説得のしようがありありません」(同)。眞子さんの"覚悟"の凄さに皆がひれ伏したということだ。

   最後に持ち出してくるのは、「そうはいっても小室圭の母親の金銭トラブルは解決していないではないか」というものだが、当の元婚約者でさえ、この問題が「ご結婚の障害になっているのであれば心苦しい」というコメントを出しているのだ。

   私にいわせれば、元々お互いに了解済みだった古証文を、この人間が週刊誌に売り込んだところから始まったのだ。障害を自ら作り出しておいて、今更、心苦しいもないものだと思うのだが。様々な障害を乗り越え結婚しようと決めた2人に、秋篠宮が11月30日、誕生日会見で何を話すのか、楽しみである。

秋篠宮
秋篠宮

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中