2021年 1月 21日 (木)

宮城の保育園でパワハラ訴え保育士17人が退職 町議会も問題視、でも県は「介入できない」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   宮城・涌谷町の認可保育園で、11月30日(2020年)に保育士ら17人が理事長のパワハラを理由に一斉退職していた。退職した元副園長は「人格を否定するような注意の仕方を数々受けた」と話し、保護者は「子供にも影響が出ている」と話しているが、理事長は「すべて噂」と説明するだけだ。

   元副園長によると、この保育園は社会福祉法人が運営しており、0歳から就学前までの園児約110人を預かり、保育士約20人が勤務していた。理事長は5年前に園に赴任し、社会福祉法人の理事長と園長を兼任し敷地内の教会の牧師も務めている。副園長は「牧師として赴任すると自動的に園長、理事長になる。赴任して2年目以降、パワハラが強くなり、無視したり、"黙れ黙れ黙れ"などと人格を否定したりするような注意の仕方をする」という。この5年間で辞めた保育士は約20人に上る。

理事長が「怖い」という声も

tv_20201204123758.png

   理事長については、夕方5時頃、コンビニエンスストアの前で缶ビールを断ち飲みする姿が目撃されている。ある時は竹刀を持って歩いており、保護者からは「怖い」という声もあるという。理事長のこうした毎日の飲酒は町議会でも問題になっていた。涌谷町議会議員の杉浦謙一氏は「5時半ごろから理事長が近くの店で毎日のように飲酒をしている。小学校の父兄もみており恐怖を感じるとの声があがっている」と9月の定例会で報告したところ、遠藤釈雄町長は「民間といえども町としても最大の関心事として注意を払いながら今後の推移を見守っていく」と発言している。

   今年3月には、園長(現理事長)に園から退くよう要求したところ、園長が突然辞任を表明。しかし1か月後に、園の施設管理者として再び保育の現場に戻ってきたという。理事長は、保育士らの訴えに対し「保育士らが3月に園長から退くように訴えたことが犯罪行為。ハラスメントをしていると犯罪的なことを頒布したことで1000万円の被害が出ているので損害賠償せざるを得ない。刑事事件としても罪になることをした」と主張したという。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中