2021年 1月 23日 (土)

埼玉・川越の中学クラスターは、マスクなし合唱練習で広まった? 合唱連盟ガイドラインはどうなっている!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   川越市立野田中学校で、12月2日(2020年)に家族に陽性者がいた生徒2人の感染が判明、その後きのう7日までに35人の感染者が確認された。野田中は生徒数274人・教職員32人。川越市ではクラスター認定して学校全体を濃厚接触者とした。

   感染拡大要因の一つがマスクなしでの合唱練習。この学校では12月5日開催予定だった合唱祭に向け、先月中旬から練習が行われていたが、ほとんどのクラスがマスクを外して歌っていたという。

距離をとればいいというわけではない...

   全日本合唱連盟では、練習時の対策として、マスクをしない場合は団員間の距離をとることや、こまめに換気をするなどのガイドラインを出しているが、野田中学校で換気などが適切に行われていたかは不明だという。街の声は「(合唱には)思い出がある。感染予防してやったほうがいい」「合唱コンクールは良くないんじゃないですかね」とさまざま。

   とくダネでは、合唱時の対策として、楽譜出版会社が出した合唱用のコーラスマスクを使う方法も紹介した。このマスクは縦横のワイヤーを調節し、生地が口元に触れないようにすることが可能だ。

   キャスターのカズレーザー「マスクせずに合唱練習って、どんな判断なんでしょうか」

   小倉智昭キャスター「距離を取ればいいという指示を出しているところもあるようですが」

   伊藤隼也(医療ジャーナリスト)「ガイドラインがいけないんですね」

文   みっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中