2021年 12月 6日 (月)

クリスマスに食べたい手作りスイーツ「いちごと湯葉のぜんざい」和の料理人が直伝!西島秀俊が絶賛「酸味がちょうどいい~」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   和・洋・中の3シェフがオリジナルレシピを披露する「ハレトケキッチン」コーナー。きょう15日(2020年12月)は俳優の西島秀俊さんをゲストに迎え、「クリスマスディナー」に使えるメニューを紹介した。

   日本料理の荻野聡士シェフがクリスマスを締めくくるデザートとして紹介したのが「いちごと湯葉のぜんざい」だ。修行時代に師匠から教わったレシピだという。

   荻野さん「おもちの代わりに湯葉を入れると、湯葉の柔らかい感じとあずきの相性がいいんです」

湯葉の代わりに、もなかの皮や粟麩を使ってもOK

   いちご(4個)は7ミリほどの大きさに、生湯葉(90グラム)は一口大に切る。鍋に湯葉、豆乳(大さじ1)、砂糖(大さじ1と3分の2)を入れて中火にかけ、ふつふつとするまで煮立ったらさっとかき混ぜる。

   別の鍋にゆであずき(市販/加糖、400グラム)と水(80ミリリットル)を入れ、中火で温める。

   器に温めたあずきを盛り、生湯葉といちごを飾り付け、アクセントにぶぶあられ(適量)を散らしたら完成だ。

   試食した西島さん「あ~...酸味がちょうど合ってて、すごくいい。こたつとかで食べたいです」

   博多華丸キャスター「これはたまらんなぁ。(湯葉の代わりに)もなかの皮でもできそうですね」

   荻野さん「和で使えるものだったら、粟麩(あわふ)とかもぜんざいと相性がいいです」

   博多大吉キャスター「あずきの旨味がすごい。シンプルだけどやっぱりおいしいです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中