2021年 5月 14日 (金)

初詣は「3が日に行かない」が76%! 菅首相、緊急事態宣言に否定的、ステイホームだけで乗り切れるか?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京都のきのう21日(2020年12月)の感染者は「月曜日としては過去最多」の392人。これで曜日ごとの「過去最多」は7日間連続となった。夕方に記者会見した小池百合子都知事は「今年の年末年始は、家族でステイホーム」と帰省・外出の自粛を訴えた。

   日本医師会など医療関係の9団体も昨夕、緊急記者会見。中川俊男会長は「日本が誇る医療制度は風前の灯。全国の皆さん、過酷な医療現場に思いをはせてください」と訴え、「医療緊急事態」を宣言した。日本病院会の相澤孝夫会長は「個人の努力に頼るだけではもう感染の拡大を防止することはできない。ぜひ国が先頭に立って移動・行動制限を政策としなければ」。

   これに対し、菅義偉首相は昨夜のTV番組で、緊急事態宣言について「(政府分科会の)尾身会長はまだ『そこはない』と言ってらっしゃった」と否定的だった。

   感染蔓延の中、庶民の課題は年末年始の初詣をどうするかだ。番組が「3が日に初詣に行くか?」と200人に聞いたところ、76%が「行かない」と答えた。

   例年3が日だけで300万人を越える参拝者が集まる東京の明治神宮は今年、大みそかは午後4時に閉門、元日は朝6時開門となり、年をまたいだ参拝はできない。受験生に人気の湯島天満宮では、「幸先詣」として12月からの参拝を呼び掛けており、早くも行列ができている。成田山新勝寺では、ライブカメラで混雑状況を流すほか、1月28日までの分散参拝を呼び掛けている。

小池知事「うちのなかでもマスクを」にスタジオ「無理でしょう」

   メインコメンテーターの田村淳「菅さんはいつもあいまいだ。どう聞けば答えてくれるんだろう」。

   首都圏4都県の知事の21日のテレビ会議で、小池都知事が「うちの中でもマスクを」という呼びかけを提案した。これに対し、コメンテーターらから、疑問の声が続出。

   立川志らく「家の中に高齢者がいる場合はそうだろうけど、なかなか難しいよね」

   田村淳「やれと言われりゃやりますけど。いや、やらないんじゃないかな」

   日本医科大の北村義浩・特任教授「できるわけないですよ」(一同爆笑)。「うちのなかでパネルを置いて食事しましょうとか、別々のベットで寝てください。なんて、できるわけないでしょ」

   「自粛」はいよいよ家庭の中まで...

文・栄

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中