2021年 3月 5日 (金)

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」小芝風花の「物の気持ちがわかる」少女に胸キュン!「涙が止まらない」「ステキなお花のブーケ」「わからないけど伝わったよ」に感動

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   小芝風花(23)が主演する、ずっと引きこもりだった「物の気持ちがわかる」少女モコミが、周囲の人々や家族に支えられながら自立していく姿を描くドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(テレビ朝日系)が人気を集めている。

   2月6日(2021年)放送の第3話では、幼い頃から心安らげる場所だった花屋で働き始めたモコミの奮闘が描かれ、ネット上では「涙が止まらない」「ホッコリする」「花たちの声を聴き、フラワーアレンジメントをするシーンが幻想的」と感動の声があふれている。

  • 花の心がわかるモコミ(テレビ朝日の公式サイトより)
    花の心がわかるモコミ(テレビ朝日の公式サイトより)
  • 花の心がわかるモコミ(テレビ朝日の公式サイトより)

「花の心」がわかるモコミは教わったアレンジメントを手直し

   第3話の物語は、ぬいぐるみや工場の窓ガラス、花、石など「物の気持ちがわかる」モコミと、一見幸せそうに見えるが、実はそれぞれに問題を抱える家族の絆と再生を描く物語だ。自分が「ちょっとヘン」なことに引け目を感じ、他人とコミュニケーションを取るのが苦手だったモコミが自分らしく生きたいという思いを家族に吐露、2年間勤めてきた工場のアルバイトを辞め、兄の俊祐(工藤阿須加)の花屋で働き始める。

   モコミはバイトの先輩・涼音(水沢エレナ)からフラワーアレンジメントのやり方を教わる。しかし、「花の心」がわかるモコミは、教わったアレンジメントのルール手直ししてしまう。伝えたい思いがあるのに、うまく言葉にできないモコミ。そんな中、新規の客から至急フラワーアレンジメントをしてほしいという依頼が舞い込む。しかし、店には古くなった花しか残っておらず、モコミは花たちの気持ちに従ってブーケを作ってしまうが、兄たちに叱られて....というストーリーだった。

   ネット上では、こんな称賛の声があふれた。

   「お花屋さんの仕事は、見ているこっちがハラハラ。でも誰だって初めての事はうまくいかないんだから、大丈夫。それにしても素敵なアレンジメントでしたね、お花もドーナツ屋さんも喜んでいて良かった。本当に素直で純粋で可愛いモコミちゃん、応援したくなります!小芝風花ちゃん上手ですね。次回からモコミちゃんの恋が始まりそうな予感。そして優しいお父さん、お兄さんも何やら秘密を抱えていそうな感じで気になります」

   「もこみが花達の声を聴き、花々が光に揺れるシーンがファンタジックで素敵です。それにしても花のブーケ作りのセンスがあるんですね、凄い」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中