2021年 9月 29日 (水)

日本が確保したコロナワクチンは第1便の約20万人分だけだった! 菅首相に忖度したNHKキャスター人事 新聞が東京五輪中止を求めないワケ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   結局、東京五輪の組織委会長は森喜朗から、森を師と仰ぐ橋本聖子に替わっただけだった。森の高笑いが聞こえる。

   菅の長男・正剛らと会食中の音声を文春に公開された総務省の秋本局長は、自分の声だと認め、その中で小林史明議員を揶揄した発言を衆院予算委員会で謝罪した。

   総務省は秋本と湯川審議官を更迭したが、これで終わりにしてはいけない。

"ワクチン確保戦争"で敗北した日本

   さて、医療従事者へのワクチン接種が始まった。だがテレビで見る限りは、人数は多くないようである。

   このペースで大丈夫なのか? そう思っていたら、週刊朝日によると、「国民に確実に供給できるのは2月12日にファイザー社から成田空港に届けられた第1便の約20万人分だけで、それ以降は不透明です」(政府関係者)。つまり、菅政権はワクチン確保に失敗したため、これからどれだけ入荷するのか分からないというのである。

   なぜなら、日本が結んだ契約は供給期限や供給量などの大枠しか定められていないから、6月末までに全国民分を確保することなどとても無理なのだそうだ。

   当初は確かに、ファイザーとは6月末までに1億2千万回分という条件だったが、欧州やアメリカが輸出に難色を示したため、ファイザー側から「厳しい」といわれ、1月20日に合意したのは「年内に1億4400万回分」と、時期を半年も後ろにされてしまったというのだ。

   これでは、各自治体から「ワクチンがどれだけ確保できるか分からなければ、準備を進められない」と苦情が出るのももっともだ。この報道通りだと、日本は"ワクチン確保戦争"でも敗北必死のようだ。新聞、テレビはこのことについて何も報じないが、早急に厚労省や河野担当大臣から事実を聞き出し、国民に知らせる義務があるはずだ。

   さらにワクチンについて、副反応や効果がどれだけ続くのかの情報も極めて少ない。

   現代は、先ごろ、イギリスの病院で、新型コロナウィルスのワクチンを接種したという日本人看護師(女性・56歳)にインタビューしている。

   この看護師が接種したのはファイザーのワクチンだったという。

   「製薬会社を選ぶことはできませんでした。接種後は、副反応があるかもしれないので、病院で15分ほど待機していましたが、特に問題はなく、自宅に戻りました。ところが次の日の朝、ひどい倦怠感が襲ってきたのです。

   実は私は昨年の4月にコロナに感染したのですが、それとまったく同じような症状でした。めまいと息苦しさが続き、二日間はベッドから起き上がれませんでした」

   彼女は2回目の接種を受けるかどうか迷っているようだ。

   私のように糖尿病がある後期高齢者はなおさらである。

   「持病の中でも特に『糖尿病』の人は、コロナに感染した場合、症状が重篤化することはよく知られているが、そもそも、高齢でかつ糖尿病の人は、『ワクチンの効果を半減させる』可能性があるという指摘もある。

   それを裏付けるように、1月13日、スペインの老人福祉施設で、78人の高齢者がファイザー製ワクチンの接種を受けたものの、その後、全員がコロナに感染し、このうち7名が死亡している。持病の詳細は明らかになっていないが、介護を必要とする人も多く、糖尿病を含む、さまざまな基礎疾患を抱えていた可能性は高い」(現代)

   英キングス・カレッジ・ロンドン病院で、糖尿病専門医を務めるフランチェスコ・ルビーもこういっている。

   「糖尿病の人は、自然免疫機能が大きく低下しているため、ワクチンを接種しても、その予防効果を十分に発揮できないだけでなく、ワクチンによって糖尿病が悪化する可能性もあります。医師の間でも糖尿病の人に、コロナのワクチンを接種させるべきかどうかは、意見が分かれるところです。

   現在、我々はチームを組んで、糖尿病を抱えた人でワクチンを接種した約150人の患者のデータを分析し、ワクチンが本当に効いているかを調べています。

   その中にはワクチンを接種後、糖尿病が悪化したというケースがありました。まだワクチンとの因果関係が科学的に解明されていないので、なんとも言えませんが、個々の医師と相談し、リスクのある人は摂取をしない選択を取ることも必要だと思います」

   菅政権の「ワクチンさえ打てばすべてが好転する」という安易で拙速なやり方に不安を覚えるのは、私だけではないはずだ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中