2021年 4月 16日 (金)

「天国と地獄」彩子と日高は元に戻ったか!?「八巻こそクウシュウゴウだ」 「心優しい陸は、師匠に殺されるために奄美に行く?」「日高の中身はお母さん?」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   綾瀬はるかと高橋一生がW主演するドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)第8話が7日(2021年3月)に放送され、ラストシーンで彩子(魂・日高・綾瀬はるか)と日高(魂・彩子・高橋一生)が歩道橋の階段から落下。そのまま幕が閉じるとネット上には「2人は元に戻ったのか?」「そこで終わるか!」「来週まで待てない」といった大反響が巻き起こった。

  • 彩子は元に戻れたのか?(TBSの公式サイトより)
    彩子は元に戻れたのか?(TBSの公式サイトより)
  • 彩子は元に戻れたのか?(TBSの公式サイトより)

次回3月14日は円周率の日。そこで1周回って元に戻る

   物語は、陸(柄本佑)は、病院へ担ぎ込まれた師匠の湯浅(迫田孝也)に付き添っていた。陸は、湯浅の右の手のひらに東朔也と湯浅が同一人物であることを示すほくろを確認した。一方、彩子(魂・日高)は警備会社社長・久米正彦(菅田俊)の息子の殺害現場を訪れていた。下足痕や血紋が出たことから捜査員たちは犯人逮捕の有力な手がかりとなると色めき立つ。彩子(魂・日高)は兄・東朔也が逮捕されることを恐れ始める。

   東朔也の身元が特定され、現場から日高の乳歯が発見されたことから捜査本部は東朔也と日高を逮捕するべく緊急配備がかける。そんな中、彩子(魂・日高)は電話で日高(魂・彩子)を歩道橋へ呼び出す。「もうこれしかないでしょう」。彩子(魂・日高)は、日高(魂・彩子)に殺害の凶器の石を渡すと、逮捕をしようと手錠を取り出す。満月、手錠、凶器の石。かつて2人が入れ替わった時と同じ状況が揃った。2人はもみ合いになり、歩道橋の階段から落下する。目覚めた彩子は、自分の両手を見つめ、両手で自分の顔に触れたところで第8話が終了すると、ネットでは阿鼻叫喚が起こった。

   2人は元に戻ったのか。戻れなかったのか。

   「最後の顔の触り方で、元に戻れたと感じました。当初日高の体と入れ替わった時に日高の顔を同じ触り方していましたから。日高はいい人でしたね。自責の念に駆られて兄の証拠隠滅をしていたんですね」

   「次回3月14日はπ(パイ)、つまり円周率の日。そこで一周回って元に戻るってことだと、放送日まで考えてよく作ったものだと思います。偶然かな?」

   「髪の毛を縛っていたから彩子に戻れたような気がするね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中