2021年 9月 19日 (日)

緊急事態宣言解除の基準はいったい何? 菅首相は明確に答えないまま首都圏は2週間延長

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   首都圏1都3県に発令中の新型コロナ緊急事態宣言。当初、3月7日(2021年)までの予定だったが、解除目前の3月5日に2週間の再延長が決まった。菅義偉総理は記者会見で「3月7日までに解除できなかったことはお詫び申し上げる」と陳謝した。

   首都圏の感染状況は、当初解除の目安となっていたステージ3の指標をクリアしている。しかし、菅総理は「病床の使用率が高い地域がある」「新規感染者数が下げ止まりしている」などの理由から宣言延長を決定した。

   記者会見で科学的根拠を問われた菅総理は「まずは2週間延長させていただく。感染を押さえ込み状況を慎重に見極める」と明確な回答を避けた。

「総合判断というなら、基準を作り直すべき」と橋下徹氏

   再延長の決定に、飲食店からは「延長の根拠が示されていなかった。解除の目安は曖昧で納得できる話ではない。だらだら長引く可能性もある。我々はどうすればいいんだ」と不安の声が。

   解除の基準はいったいなんなのか。小池百合子都知事は3月5日の記者会見で「今後2週間でステージ2の水準に押さえ込んでいくことがポイント」とステージ2に向けたさらなる感染対策を呼びかけている。

   キャスターの立川志らく「国民の多くは仕方ないと思っているが、なんのための基準かわからなくなっている。ステージ2が基準なら最初からステージ2にしておけば良いし、病床使用率50%が基準ならそれをクリアしたら解除するというのがわかりやすい」

   月曜レギュラーの橋下徹(元大阪府知事)「基準の数字はクリアしているので解除するのがスジ。政治は総合判断が入ってくるが、今の基準で総合判断というのでは国民は納得しない。基準を作り直すべき」

   メインコメンテーターの田村淳「ルール設定があいまいになると不満も不安もでる。医療機関の体制を整えるために何にチャレンジしてどんな効果があったのか示してくれないと」

   北村義浩(日本医科大教授)「延長自体はいいが2週間後には解除と聞こえてしまう。日を切っていうものではない。今のステージは去年8月に決まったもので、新しい指標が必要」

   橋下徹「世界に冠たる大東京がこの感染者数であっぷあっぷというのはおかしい。医療体制強化が重要」

   北村教授「日本の医療は高齢者医療、がん、糖尿病にシフトしていて、感染症医療を長期間続ける能力が欠けている。感染症のスペシャリストが少なく、人を増やすには年単位の時間が必要」

   立川志らく「(3月25日に)聖火リレーが始まるから、数字はどうあれ2週間で打ち切るんじゃないか。オリンピックやりたいと正直に言ってくれればいいのに、一切関係ないという。逆に本当なのかと思う」

文   みっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中