2023年 1月 31日 (火)

玉川徹「最後の勝負」論 東京でも「まん延防止措置」適用

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「社会的には最後の波と考えて頑張りたい」

   東京都などで「まん延防止措置」の適用が始まった。東京都は5月11日までの1か月間、23区と武蔵野市、立川市など6市。京都市は5月5日まで、沖縄はやはり5日まで、那覇市など9市で。新たな対策は都道府県間の移動自粛だ。

   コメンテーターの玉川徹「今度は最後の勝負だと考えたらどうだろう。ワクチン接種は、日本は遅れているが、英国や米国は夏までに終わる。ワクチン生産能力は増強している。夏以降は今より、ワクチンは手に入りやすくなる。一番大きな波がこれから来るんだけど、社会的には最後の波と考えて頑張りたい」。

   東京五輪開催という政治目的のために、「緊急事態宣言」の言葉を避けたい、とうそぶく閣僚より、「最後の勝負」の方がよほど説得力がある。

(栄)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中