2021年 10月 22日 (金)

「青天を衝け」青春群像劇が熱い!「栄一は60年代全共闘運動に巻き込まれた田舎エリート」「維新を『西』ではなく、初めて『東』から描いた大河」「千代と村の女衆がこれからのキーマン」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   吉沢亮主演のNHK大河ドラマ「青天を衝け」第10話「栄一、志士になる」が4月18日(2021年)に放送された。草莽の志士となるべく栄一は江戸へ行く。一方、長七郎(満島真之介)は幕府要人の暗殺計画に加担しようとする。若者たちの煮えたぎる熱量に、ネット上では「青春群像劇がスゴイことになってきた」「こんなに興奮する大河、久しぶりだ」と称賛の嵐が吹いている。

  • 「長七郎、安藤ひとりのためにお前を失いたくねえんだ」(NHKの公式サイトより)
    「長七郎、安藤ひとりのためにお前を失いたくねえんだ」(NHKの公式サイトより)
  • 「長七郎、安藤ひとりのためにお前を失いたくねえんだ」(NHKの公式サイトより)

「行くな、長七郎!お前のような剣士を失いたくねえ」

   物語は、暗殺された井伊直弼の代わり老中になった安藤信正(岩瀬亮)が、孝明天皇の妹・和宮(深川麻衣)を将軍・家茂(磯村勇斗)に降嫁する公武合体を進め、尊王攘夷の志士たちに火をつける。 一方、念願の江戸に来た栄一(吉沢亮)は、尊王論者・大橋訥庵(山崎銀之丞)を紹介され、安藤の暗殺計画を知る。長七郎はその計画に参加し、成功した暁には切腹すると決意する。

   しかし、惇忠(田辺誠一)は安藤を斬っただけでは尊王攘夷の志は達成できないと長七郎を説得する。「行くな長七郎。お前のようなかけがえのない剣士を安藤ひとりのために失いたくねぇんだ」と叫ぶのだった。また、千代(橋本愛)が妊娠した。千代は「幕府を倒す」という栄一の気持ちもわかるが、家族や村の人々を思う「とっさま(小林薫)の気持ちも大事だと思う」と言うのだった。

   若者たちの群像劇が熱い!という称賛の声が多かった。

   「熱かったね。生まれてはじめて真剣を手にして錯乱してしまう栄一。若さゆえのエネルギーとかウックツとか、いろんな感情が凝縮されて、見ていて熱くなった。時代がどんどん沸騰していく中、栄一がどう変わっていくのか、続きが非常に楽しみ」

   「青春群像劇。いいね。若者の熱量が伝わってくる。近年の大河の中で一番新鮮で清々しいドラマだと感じました。ベテラン俳優の方々が、若手の俳優さんたちを支えてあげながら、また若手の方々もそれに応えようと懸命に真摯にお芝居をされているのが、伝わってきます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中