2021年 6月 20日 (日)

コロナ対策の休校は望ましい? 専門家指摘の「閉鎖より」現実的な対応

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「強い措置で短期間が望ましい」

   さらにスタジオでは、学校の休校問題にも話が及んだ。

   司会の加藤浩次「学校で広がっている感じもある」 佐藤医師「すぐ休校すべきかというとそこまでではないと思っているが、今後広がりが見られる時にはこの選択肢を取るべき」

   小林教授「医療従事者がお子さんを持っていると、学校が休校になると仕事に行けなくなる。閉鎖するより教員やクラスで定期検査を行い、早く見つけるべき」

   ロバート・キャンベル(日本文学研究者)「どうやって警戒心を高めるか」

   加藤浩次「僕らの中でも『この距離で大丈夫』となってきている。一人一人の意識が変わるような発信力が求められる」

   小林教授「いまやっていることを1.5倍。4人会食を2人や家族だけにする。ワクチンというゴールは見えている。強い措置で短期間が望ましい。3‐4週間が目安」

   佐藤医師「長くても1カ月。2週間くらいで効果が出てくるので、その後2週間くらい見定める」

(みっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中