2021年 5月 7日 (金)

中高年の間違い絵文字 羽鳥慎一「ダブルで使ってる...」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   メールやLINEを職場の部下らに送る際、「ごめんなさいm(__)m」などの顔文字や絵文字をつい使ってしまっていませんか――

   きょう21日(2021年4月)の「モーニングショー」で、「実は若者には逆効果だそうです」とMCの羽鳥慎一が切り出した。いつもはアシスタント役の斎藤ちはるアナウンサーが、若者代表として解説役を務めた。

  • 絵文字の使い方に年齢差が?
    絵文字の使い方に年齢差が?
  • 絵文字の使い方に年齢差が?

「若者はシンプルなマークを使います」

   中高年がやりがちな「間違いその1」は、「!」や「?」の赤い太文字だ。「おじさん絵文字の代表です。若者はシンプルなマークを使います」と斎藤アナ。羽鳥は「私は、赤い『!』をダブルで使ってしまっていますね。ダメだ」。

   「間違いその2」は、「ご飯(ご飯の絵文字)」のように、文字の後に同じ意味の絵文字を使うこと。「これはくどいと若者は思ってしまいます。柔らかく見せてくれているのはわかりますが、なくても伝わるかなと思いますね」と斎藤アナ。これに対し、元AERA編集長の浜田敬子は「『ありがとう(笑顔の絵文字)』は使っています」と告白。テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「これはやっていたかもしれないなあ。笑われていたんだろうなあ」とつぶやいた。

   「間違いその3」は、文末に「(笑)」をつけることだ。若者が使うのは「笑」「www」「草」だという。「カッコをわざわざ打つのが面倒くさい。時間をかけたくないんですよね」と斎藤アナが解説した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中