2021年 6月 17日 (木)

池江璃花子さんに「五輪辞退」を求める投稿 番組で徳光和夫・城島茂・石原良純・和田アキ子さんが贈ったそれぞれのエール

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   競泳女子で白血病を乗り越えて、東京五輪代表に内定した池江璃花子さん(20)が5月7日(20201年)、自身のツイッターを更新。自身のSNSに、コロナ禍で五輪開催に反対する人々から「辞退してほしい」「反対の声をあげてほしい」というメッセージが届いていることを明かしました。翌8日のテレビやラジオではこの問題を取り上げ、多くの著名人が「匿名でのメッセージ」を批判、池江さんにエールを贈りました。

  • 池江璃花子さんのツイッター
    池江璃花子さんのツイッター
  • 池江璃花子さんのツイッター

徳光和夫「反対するなら丸川大臣、橋本会長、小池さんに言え」

   池江璃花子さんの自身のツイッターへの投稿は以下の通りです。

   「(略)私たちアスリートはオリンピックに出るため、ずっと頑張ってきました。ですが、今このコロナ禍でオリンピックの中止を求める声が多いことは仕方なく、当然のことだと思っています。私も、他の選手もきっとオリンピックがあってもなくても、決まったことは受け入れ、やるならもちろん全力で、ないなら次に向けて、頑張るだけだと思っています」

   「(略)私に反対の声を求めても、私はなにも変えることができません。ただ、今やるべき事を全うし、応援していただいている方達の期待に応えたい一心で日々の練習をしています。(略)この暗い世の中をいち早く変えたい、そんな気持ちは皆さんと同じように強く持っています。ですが、それを選手個人に当てるのはとても苦しいです。(略)わたしに限らず、頑張っている選手をどんな状況になっても暖かく見守ってほしいなと思います」

   フリーアナウンサーの徳光和夫さん(80)は、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」に生出演、「匿名は卑怯だ」と猛烈に怒りました。

   「池江さんが東京オリンピックに参加することは、我々はもろ手をあげて応援したいわけです。そのご本人に対して開催反対の声をあげてほしいっていうのは、まったく筋違いだし、おかしいなと思います。SNSっていうヤツの怖さだね、これは。実名を書いて抗議しなさいよ。自分の名前を出して。しっかり抗議するんだったら」

   そして、こう結びました。

   「むしろ反対の姿勢をちゃんと示すなら、オリンピック担当大臣とか組織委員会会長の橋本さんとか、小池東京都知事とか、そういった人に対して送るべきだし、けしからん話です」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中