2021年 9月 26日 (日)

小川彩佳アナ「離婚」でどうなる巨額慰謝料と財産分与!弁護士は「50億円請求もできる」――ほか6本

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   『news23』(TBS系)でキャスターを務める小川彩佳アナ(36)が離婚することになったと、「NEWSポストセブン」(6月2日16:05配信)が報じている。夫で東京大医学部卒、医療ベンチャー「メドレー」元代表の豊田剛一郎(37)が、小川と結婚前から、安達祐実似のA子と不倫をしていたと報じられたのは、今年2月(2021年)上旬のことだった。 小川アナの知人がこう語っている。<「Aさんとの不倫が発覚した後、小川さんは"離婚も考えているけど、子供もまだ小さいから......"と悩んでいました。豊田さんの子育てへの協力も必要で、バリバリ働く小川さんにはシングルマザーになる不安も大きかったのでしょう。

   しかし、そのすぐ後に『週刊ポスト』でAさんが不倫関係を告白し、豊田さんからの"結婚後は肉体関係がなかったことにしてほしい"という口裏合わせの連絡を明かしたことで、小川さんのショックは絶望に変わった。"彼との将来をもう描くことはできない"と話していました」>

   すでに2人で暮らしたマンションを出て、幼子と暮らしているという。夫のほうも離婚には同意しているそうである。先日、久しぶりに『news23』を見た。夫の不倫発覚時のような強張った表情が薄れ、柔和になったと感じた。離婚を決意して何かが吹っ切れたからだろうか。

   離婚となれば、慰謝料や養育費といった問題が出てくるが、それに加えて、100億円といわれる豊田の資産の分与をどうするのか、気になる。浅川法律事務所の加藤博太郎弁護士はこう見ている。<「"婚姻後に築いた財産は夫婦の協力によるもの"と小川さんが主張すれば、約100億円の半分の約50億円を請求し、家庭裁判所で争うことも可能です」>

   2人をよく知る関係者は、10億円ほどで決着すると見ているようだ。

深田恭子「適応障害」回復のカギはあの『悪習』やめられるか!酒と睡眠導入剤のチャンポン

   「適応障害」と診断され、当分の間休養すると発表した深田恭子(38)だが、半同棲生活を送っている不動産会社「シーラホールディングス」の杉本宏之会長(43)とは順調だと、週刊文春が報じている。2人は「婚前契約」を結んだという。杉本は会社の株式上場に向けて準備を進めており、上場すれば彼の資産は莫大なものになるそうだ。この契約を結んでおけば、「事実上の結婚に近い、たとえ破局したとしても、結婚と同様に、資産を配分する内容です」(杉本の知人)

   彼女の「適応障害」は、雅子皇后も長らく苦しんできた病だが、週刊新潮によれば、厚生労働省の統計では2002年に全国で約9000人だった患者が、2017年には約10万1000人にもなっているという。さらにコロナ禍の影響で増えていて、とくに女性に多いそうである。

   深田のように、デビュー以来25年間、寝る間もなく真面目に働き続けてきた"がんばる"女性は要注意である。それに彼女は、酒に誘眠導入剤を入れて飲んでいたらしいが、これが一番いけない。立川談志師匠も、ビールを飲みながらハルシオンボリボリを長年やっていたため、高座に上がれなくなってしまった。

   だが、一念発起。自ら入院してビールとハルシオン断ちをして、あの、神が舞い降りてきた「芝浜」を演ることができたのだ。深田もこの"悪習"をやめれば、近いうちに復帰できる。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)、『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)、『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)、『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)、『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』(現代書館)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中