2021年 8月 2日 (月)

「アレルギーがあってもその味を楽しめる方が増えますね」 岩田絵里奈アナが「ほぼたま」など代替食品で感想

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「スッキリがどこよりも早く、あの商品をスタジオにご用意しました」ときょう18日(2021年6月)の番組冒頭で岩田絵里奈アナウンサーが紹介したのは、キユーピーが開発した国内初の代替卵「HOBOTAMA(ほぼたま)」だ。大豆でつくられた半熟のスクランブルエッグで、開発期間2年弱、試作品139回を経てやっと商品化された。今月30日から業務用に販売される予定だ。

  • キユーピーの「HOBOTAMA(ほぼたま)」特設サイトより
    キユーピーの「HOBOTAMA(ほぼたま)」特設サイトより
  • キユーピーの「HOBOTAMA(ほぼたま)」特設サイトより

「見た目は完全にスクランブルエッグですね」

   「見た目は完全にスクランブルエッグですね」と試食したMCの加藤浩次は、「大豆感がすごい。でも美味しい。ホテルで出てきたらスクランブルエッグだと思って食べます」。マヨネーズを加えて卵サンドにしたものを試食した森圭介アナウンサーは「味付けしたらわかりません」と感心していた。

   アレルギー食材や高級食材を違う食材で代用した代替食品は、他にも様々な企業で開発されている。大豆で作られたハンバーグやこんにゃく粉が主原料の刺身のほか、イケアでは人参やケールなどで作られたソーセージのホットドッグが販売されている。

   岩田アナ「これだけ代替食品があれば、アレルギーがあってもその味を楽しめる方が増えますね」

(キャンディ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中