2021年 8月 4日 (水)

「酒の呼気感知でエンジンかからない車」の整備急げ 児童5人死傷事故で容疑者から基準値超えるアルコール

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   千葉県八街市で酒気帯び運転のトラックが下校途中の小学生の列に突っ込み、5人が死傷した事故を、29日(2021年6月)のスッキリが取り上げた。運転手は普段から「すれ違うと酒の匂いがする」ほどの酒好きだったと知人は話し、番組のコメンテーターは、ドイツでは呼気から酒の匂いを感知するとエンジンがかからない車もあり、そうした車の開発を急がなければ、との意見も出た。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 番組公式サイトより

容疑者の知人が語った内容

   28日15時30分ころ、八街市の下校途中の児童の列にトラックが突っ込んだ。5人のうち男子2人が死亡、1人が意識不明の重体、2人が重傷だった。現場には、赤いランドセルや黄色い帽子が落ちていた。警察はトラックを運転していた容疑者(60)を過失運転致傷の現行犯で逮捕した。容疑者からは基準値を上回るアルコールが検出された。容疑者の知人は「お酒がすごく好きで、すれ違うとお酒の匂いがした。仕事の時はさすがに飲まないと思っていた」と話す。

   現場は、子どもたちが通っていた市立朝陽(ちょうよう)小学校から約1.4キロ離れた地点。男子4人と1人の女子が下校していた。対向してきたトラックが急にハンドルを切り電柱に激突。その後、道路の端を歩く児童の列に突っ込んだとみられる。容疑者は、勤める運送会社に戻る途中で、同支店から約200メートル手前で事故を起こした。早朝6時ころに同支店を出発、千葉県内と都内江戸川区に資材を運んだ帰りだった。

   勤め先の会社社長は同日夜会見を開き、毎日のアルコール検知は行っていなかった、と明らかにした。現場の道路は一直線で道幅は狭く、歩道も路側帯の白線もなかった。現場周辺に住む人によると、かなりのスピードを出す車もあるという。同じ朝陽小の児童が5年前にも別の通学路で事故に遭った。2016年11月に集団登校中だった11人の列にトラックが突っ込み、男児が頭がい骨骨折の重傷。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中