2021年 9月 24日 (金)

松坂大輔が語っていた「妻への感謝」 夏目三久が振り返った「お人柄」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「その圧倒的なプレーから、『平成の怪物』と呼ばれました。プロ野球埼玉西武ライオンズの松坂大輔投手が今シーズン限りで現役を引退することが分かりました」と司会の夏目三久が切り出した。

   日比麻音子アナは「社会現象にもなった、夏の甲子園延長17回の死闘、イチロー選手との平成の名勝負、そしてメジャーで、WBCでつかんだ世界一。怪物の名にふさわしい伝説とともに、その野球人生を振り返ります」と伝えた。

  • 西武ライオンズ公式サイトより
    西武ライオンズ公式サイトより
  • 西武ライオンズ公式サイトより

名シーンを映像で紹介

   7日(2021年7月)の「あさチャン!」は、現役引退を決めた松坂投手(40)の名シーンを映像で振り返った。

   松坂投手は2020年、プロ入りした古巣の西武に移籍したものの、首の痛みと右手のしびれが強くなり同年7月に頸椎の手術を受けた。今季の復活を目指していたが、2軍で状態が上がらず決断したということだ。

   2020年の西武復帰の際には「あまり大きなことは言えないが、リーグ3連覇、そして惜しいところで届いていないチームの日本一のために少しでも力になりたい」と語っていた松坂選手。今後の目標については「僕自身、終わりというものがだんだん近づいている中で、達成したいという気持ちが強くなってきている。最後まで諦めずに200勝という数字を目指してやっていきたい」と話していた。

   松坂投手は日米通算376試合に登板し、170勝108敗2セーブ、防御率3.53の成績を残している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中