2021年 7月 27日 (火)

「五輪のための緊急事態宣言」で感染防止は二の次!? 「スッキリ」で「違和感」続出

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   新型コロナの新規感染確認者数が920人となった東京都に対し、4度目の緊急事態宣言が出される見通しとなった。期間は7月12日(2021年)から8月22日までで、政府は飲食店に対し、酒類の提供を禁止する方針だ。きょう7月8日の「スッキリ」では、宣言期間中に開催される東京五輪について議論が集中した。

  • 東京五輪開幕が迫るが…
    東京五輪開幕が迫るが…
  • 東京五輪開幕が迫るが…

モーリー・ロバートソン「今からでも(五輪の)中止や延期を考えるべきです」

   宣言を受けて、都内の五輪会場では無観客とする検討が進められているが、その場合でもオリンピックファミリーら大会関係者は「別枠」で観戦が認められるという。政府分科会の尾身茂会長は「(大会関係者の数を)なるべく最小限にすることが、矛盾したメッセージを出さないために非常に重要だと思います」と警鐘を鳴らしている。

   番組に出演した日本感染症学会専門医の佐藤昭裕医師は、緊急事態宣言の期間について「オリンピックを意識したのでしょうが、少々長いように思います。前回も前々回も、緊急事態宣言の最後の方は慣れも出てしまい、(国民の間で)守ろうという気が起こらなくなっていた。そのことを踏まえずに期間を設定していることは問題です。理想は1カ月程度」と指摘した。

   国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン「一連の日程を見ていると、オリンピックが最優先事項で、感染防止は二の次に見えます。感染防止を最優先するなら、今からでもオリンピックの中止や延期を考えるべきです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中