2021年 8月 4日 (水)

徳光和夫が明かした みのもんたの野望(?)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「路線バスで寄り道の旅」(テレビ朝日系)は、徳光和夫と田中律子がゲストと路線バスでのんびりお手軽旅を楽しむ番組で、この日(2021年7月11日)のゲストは、元バレーボール女子日本代表の栗原恵だった。

  • テレビ朝日の「路線バスで寄り道の旅」番組サイトより
    テレビ朝日の「路線バスで寄り道の旅」番組サイトより
  • テレビ朝日の「路線バスで寄り道の旅」番組サイトより

立教OBの話題に

   コロナ禍で路線バスに乗っての撮影はさすがに危険すぎるということか、ここしばらくは「路線バス」ではなく「貸切バス」を利用した旅になっている。なので、いつものような「あと5分で次のバスが来る」と慌ててバス停まで走るおなじみの場面がないので、少しもの足りなさもあるが......。

   基本的に、徳さんの行きたいところを巡るスタイルになっていて、今回は、信濃町の明治記念館からスタートし、市川をゴールにした総武線沿線の旅で、最初に訪れたのは四谷にある芸能プロダクションの太田プロ。ご近所の和菓子店や鯛焼き屋でお土産を買って表敬訪問。社長を訊ねたところ、タレントがいますよ、と案内され、出てきたのが、松村邦洋だった。

   松村はちょうど九州のKBCラジオの生放送に出演するところで、徳さん一行も飛び入り出演するというハプニングもあった。KBCの沢田幸二アナウンサーが徳さんに「大学の後輩です」と話しかけたところ、「立教OBは稼いでいるよ」と言い出した徳さん。「1番稼いでいるのは関口宏だと思います。やっぱり1番はみのだと思いますね。みのもんたは家から日の入りと日の出が見えるんですよ。しかも、眼下に江の島が見えてですね、あと2年後には江の島を買ってみの島にするって言ってました」と笑わせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中