2021年 7月 30日 (金)

小山田圭吾「辞任」の舞台裏に何が? 谷原章介が問いかけ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京オリンピック・パラリンピック大会の開会式の作曲を担当していたミュージシャンの小山田圭吾氏(52)が過去のいじめを告白していた問題で、きのう19日(2021年7月)、一転して辞任を申し出、受理された。20日、司会の谷原章介が「その舞台裏に何があったのか」と問いかけた。

  • 該当楽曲不使用で開会式はどうなる?
    該当楽曲不使用で開会式はどうなる?
  • 該当楽曲不使用で開会式はどうなる?

楽曲も使用せず

   きのう夜、小山田氏はツイッターでこう綴った。

「この度の東京オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、ご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております。関係各所にてご調整させて頂き、組織委員会の皆様へ辞任の申し出をさせていただきました」

   その後、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長が「混乱を招いたことを心からおわび申し上げます。小山田さんが作曲された楽曲は開会式では使用しません」と辞意を受け入れた。

   組織委員会によると今春頃、小山田さんに作曲を依頼、開会式のオープニングを飾る映像と共に流れる約4分の曲を担当していた。このことが発表された今月14日直後からSNSで過去のいじめ発言が拡散され、厳しい批判の声が上がった。

   小山田氏は16日にツイッターで謝罪文を発表したが、批判の声は収まらず、海外でも大きく報じられた。知的障害者と家族らでつくる「全国手をつなぐ育成会連合会」も「小山田氏のインタビュー記事は、いじめというより虐待、あるいは暴行と呼ぶべき所業です」と抗議した。加藤官房長官も19日午前、「いじめや虐待はあってはならない行為であり、まったく許されるものではない」と述べていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中