2021年 9月 23日 (木)

ワクチン「2回」後の「ブレイクスルー感染」 精神科医が「あさチャン!」に語った「ショック」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ワクチンを2回接種してもなお感染する「ブレイクスルー感染」が広がっている。2日(2021年8月)の「あさチャン!」が、精神科医の感染体験を伝えた。

  • ワクチン接種後も「対策」が求められている
    ワクチン接種後も「対策」が求められている
  • ワクチン接種後も「対策」が求められている

5月に2回接種、7月後半に陽性確認

   精神科医のsidoWさん(30代)は、「ワクチンを打った後の感染は、見たことがなかった。それでも感染してしまう、というのはショックだった」という。きのう、新型コロナウイルスでのホテルの療養生活を終えたばかりだ。

   医療従事者のため、今年5月にファイザー製のワクチンを2回接種した。7月22日に体調が悪化、翌日にPCR検査で陽性が確認された。「39度9分くらいまで熱が上がっていた」。友人との会食でデルタ株に感染した可能性がある。現在は、後遺症もなく、体調はほぼ回復した。「やっぱり、油断はできない。自分が重症になりづらくても、誰かにうつす可能性はあるわけですし、感染しない対策は変わらずにやらなきゃいけない」。

   ワクチン2回接種後に2週間程度でできる抗体を突破して感染する現象は「ブレイクスルー感染」と呼ばれる。国立感染症研究所の調べでは、今年6月末までの3カ月で67人の「ブレイクスルー感染」が確認された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中