2021年 9月 22日 (水)

菅首相「(重症者ら以外)自宅療養を基本」で大丈夫? 「(保健所から)忘れられてない?」と不安も

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスへの感染が急拡大する中、自宅療養者は東京都内だけで1万2161人と、この1カ月で11倍に急増した。こうしたなかで菅首相は2日(2021年8月)、事実上重症患者に入院を制限する方針転換を明らかにした。3日の「あさチャン!」が伝えた。

  • 菅首相
    菅首相
  • 菅首相

「あさチャン!」に語った自宅療養の苦労

   都内練馬区に住む50代女性は、夫(60代)と娘(20代)を含む家族4人がすべて陽性となったが、同居する80代の母が入院を拒んだため、母と2人で自宅療養した。「(母が)歩けないので、すべての動作で介助が必要。(自分が)38度とか熱がある中で、支えながら歩くとか、食事の支度をするとか、生活すべてがすごく大変だった」。

   目黒区在住の30代の女性は、先週木曜日から保健所の連絡が途絶えた。「忘れられていないか、みたいな不安は、やっぱりありました。在宅療養ってどういうものか、まったく分からないまま、説明するから待っててね、と言われて数日たっちゃったので、現場がどうなっているのかも分からない。怒りたいけど責められない、すごく複雑な心境です」。

   都内の50代の男性は先週、コロナ感染で呼吸困難に。体制不備などを理由に、約100の医療施設から受け入れを断られ、通報から約8時間後に、約50キロ離れた病院に収容された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中