2021年 9月 19日 (日)

体操銅メダル村上茉愛が「今やってみたいこと」 夏目三久への回答は...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪の女子体操種目別ゆかできのう2日(2021年8月)、村上茉愛選手(24)が銅メダルに輝いた。女子体操のメダルは1964年の東京五輪(団体)以来57年ぶり。個人としては史上初のメダル。「戦友」の寺本明日香選手(25)と歩んだ苦しい道のりを「あさチャン!」が振り返った。

  • 村上茉愛選手(写真:AFP/アフロ)が銅メダルを獲得した
    村上茉愛選手(写真:AFP/アフロ)が銅メダルを獲得した
  • 村上茉愛選手(写真:AFP/アフロ)が銅メダルを獲得した

H難度の大技「シリバス」を決める

   「これ以上ないぐらいの出来で3番だったので、これは自分で受け止めて、すごく満足したい」。銅メダルを首にかけた村上選手は、ちょっぴり悔しさをにじませながら、ライバルとともに流した汗が染みこんだメダルの重さをかみしめていた。

   日本のエースとして集大成の五輪だった。ゆか演技の冒頭で、自身の代名詞であるH難度の大技「シリバス」(後方抱え込み2回宙返り2回ひねり)を決めた。

   村上選手を支えてきた母英子さんは、「日本の女子でも、ゆかは絶対に(メダルは)無理だ、みたいに言われていたことがあるんですが、最高の演技ができたと感動しました」。

   英子さんは東京・小平市で美容室を経営する。今大会前にも娘の髪を切った。茉愛選手は「横を短くしてほしい、後ろを借り上げてほしい注文した。その時母に実際には見られないけれど誰よりも応援しているよ、って言われた」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中