2021年 9月 23日 (木)

「平均的な中高年が重症化」 専門家が「あさチャン!」に語ったコロナ現状

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染者がきのう8日(2021年8月)も東京都で4066人と5日連続で4000人を超え、全国でも1万4470人と、増え続けている。感染力が強いと言われるデルタ株の影響とみられ、百貨店やマックの中にも休業に追い込まれる店が出るなど生活インフラにも影響が広がり、都内で2万人に迫る自宅療養者では第5波で初の死者も出た。「医療崩壊」直前の現場を「あさチャン!」が追った。

  • 医療現場への負担が増している
    医療現場への負担が増している
  • 医療現場への負担が増している

都内で「自宅療養中に死亡」

   横浜市の横浜労災病院では、22床から32床に増やしたコロナ病床があっという間に埋まり、一昨日には受け入れ不能に。救急災害医療部長は、「熱中症もあって一般病床の急患が非常に増えている。コロナの急増が重なり、一般的な医療全体に影響が出て、かなり厳しい状況です。神奈川県内はほとんどそういう状況になってきています」。

   埼玉医科大学総合医療センターでは、臨時のICUを2床増やして6床にしたが、満床が続く。中等症の病床を22から32床に増やしたが、1週間たたずにほぼ埋まった。その要因はデルタ株だ。1週間前に、患者のほぼすべてがデルタ株に置き換わった。同センターの岡秀昭教授は、「平均的な中高年の方が重症化している。数日で呼吸が悪くなる人も」。

   英国保健当局は、デルタ株に感染した人の感染力は、2回ワクチン接種後も変わらない可能性があると指摘する。都内では第5波で初めて、自宅療養中の死亡者が確認された。50代女性が自宅療養4日目の今月5日、容態が急変、病院に運ばれたが死亡した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中