2021年 9月 21日 (火)

コロナ自宅療養のリアル 「めざまし8」に3人が語った実態とは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京都で新規感染者が5日連続4000人を超えるなど第5波の感染拡大が止まらない新型コロナ。一昨日7日(2021年8月)時点での東京都の自宅療養者は1万8444人と過去最多を記録している。5日には都内で自宅療養中の50代女性の容体が急変し、救急搬送後に死亡する事例も報告されている。

   自宅療養者の不安と問題は何か。「めざまし8」では、新型コロナ自宅療養患者3人に取材を行い、その実態に迫った。

  • 医療現場は「ギリギリ」との指摘も
    医療現場は「ギリギリ」との指摘も
  • 医療現場は「ギリギリ」との指摘も

「電話連絡が来たのは最初と最後くらい」

   6日まで自宅療養していたという都内在住21歳男性は「39度台まで熱が上がった。ホテル療養を希望し、自分で保健所に問い合わせたが、かなわなかった。都からは食料品とパルスオキシメーターが届いたが、発症してから6日目か5日目。最初の3日4日の症状が一番重いので、パルスオキシメーターが最初にあるとよかった」と語る。

   自ら自宅療養を希望した神奈川在住の20代女性は「保健所からの説明がもう少し欲しかった。2週間が保健所の(経過観察)期間らしく、電話連絡が来たのは最初と最後くらい」という。それ以外はLINEで体温とパルスオキシメーターの数値を送るだけ。それに返事がなかったら電話が来るという。

   一人でトイレに行けないくらいつらかったという愛知県在住の28歳男性は、検査から3日後にホテルに入ることができたが、「近くに医療関係の人がいるだけで全然違うと感じた。自宅療養よりは絶対的ホテルがいい」と語る。

   二木芳人(昭和大学教授)「今取り上げた3名の方は軽症に分類される」 MCの谷原章介「自宅療養の方、軽症といってもつらい。急変の不安もある。若いからといって安心しないほうがいいと改めて思いました」

   倉田大誠アナウンサー「今年1月から6月末まで、自宅で84人の方が亡くなっているが、20代1人、30代3人、40代1人と、若くして亡くなっている方もいらっしゃる。死亡日までの日数をみると、感染報告の翌日から9日までに36人の方が亡くなっている」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中