2021年 9月 22日 (水)

「入院先見つからない」のリアル 都内「訪問診療」医師に「あさチャン!」密着

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京都のきのう15日(2021年8月)の新型コロナウイルスの感染者は4295人、日曜では過去最多を更新した。重症者も251人(前日から6人増)で最多。患者の入院先の確保が困難な状況が続いている。「あさチャン!」は、渋谷区の訪問診療の医師に14日に密着取材した様子を伝えた。

  • 入院調整に困難をきたす状況も(写真はイメージ)
    入院調整に困難をきたす状況も(写真はイメージ)
  • 入院調整に困難をきたす状況も(写真はイメージ)

予約の電話が鳴りっぱなし

   都内で訪問診療をする「コールドクター」の事務所では、予約の電話が鳴りっぱなしだ。電話スタッフの連絡で医師が患者に折り返す。「(往診は)19時以降ですね。大丈夫ですか」。

   丸山浩司医師が、看護師とともに自宅療養中の患者の元へ飛び出した。血液中の酸素値が96%以上なら正常だが、93%以下だと酸素投与が必要になる。自宅療養中の30代男性の自宅前の廊下でビニールの防護服を着こんだ。玄関先で患者の指先でつけたパルスオキシメーターを見ると93%。丸山医師は、入院が必要と考え、保健所に電話をかけたがつながらない。119番通報と同時に、電話で入院先を探し始めた。

   丸山医師「救急です。本日往診に伺った際に、酸素の値が89%~93%と低くて、ですね」。そこへ救急隊員が到着。丸山医師は、患者の状態を隊員に伝えて、次の患者の自宅へ。救急隊が保健所などへ連絡しても入院先は確保できず、患者は自宅療養を続けることに。

   次に向かった40代の一人暮らし男性は、咳がひどくなっていた。玄関先での問診中も、患者はさかんに咳を繰り返す。「(酸素値は)92%。きょう、急激に下がり始めた。入院したい。もうこの10日間まったくらちがあかず、日がたつほど悪い症状が次々出てきている。心が折れそう、とにかく入院したい」。丸山医師や救急隊員が保健所などへ連絡したが、自宅で様子を見ることになった。丸山医師が、急遽手配した酸素ボンベが運び込まれた。

   丸山医師は「うちで酸素を投与するところまではできるが、そこから悪くなった時に入院する場所が絶対必要になってくる。自分も現場を離れるのは不安だが、申し訳ない。正直電話がたくさんなっているんですが、それに100%応えられていない」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中