2021年 9月 21日 (火)

小児科医「とんでもないことに」と警戒呼びかけ 「あさチャン!」が伝えたコロナ現状

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの10代以下の感染者が1カ月前の8倍に急増している。乳幼児が重症化する例なども合わせその実態を、30日(2021年8月)のあさチャンが伝えた。

  • 10代以下の感染も増え、危機感を募らせる小児科医も(写真はイメージ)
    10代以下の感染も増え、危機感を募らせる小児科医も(写真はイメージ)
  • 10代以下の感染も増え、危機感を募らせる小児科医も(写真はイメージ)

10代以下の感染者が急増

   8月25日までの1週間の10代以下の感染者は、3万427人。7月21日までの1週間の3450人の8倍に急増した。

   沖縄県の離島では先週水曜日の25日、生後1カ月に満たない赤ちゃんがヘリコプターで搬送された。離れた場所から、関係者とみられる男性が祈っていた。沖縄県では、感染者のうち10代以下が4分の1を占める。ヘリで航空自衛隊の那覇基地に着いた乳児には人工呼吸器がつけられていた。県内で唯一、小児集中治療室(PICU)がある県立南部医療センター・こども医療センターにあるコロナ専用病床に運ばれ、2日経つと容態は回復に向かった。

   ヘリ搬送に立ち会った医師は、「離島に残って治療を進めること自体に限界があって、非常に危険。搬送するとしても危ないと考えられる葛藤があった」。この病院では、先月末以降、重症2人と中等症3人の乳幼児を治療してきた。それまで、そんなことはなかった。同センターの張慶哲医師は、「小児にとってはこの第5波が、第1波に当たるのではないか。社会は新型コロナウイルス感染症に慣れきってしまっているが、小児科医は本当に新たな気持ちで対応しないと、とんでもないことになると心配している」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中