2021年 10月 21日 (木)

台風14号、異例のリバウンド発達は海水温の影響? 「スッキリ」が解説する理由

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   あす18日(2021年9月)から土日月と連休だが、台風14号が広い範囲で荒れそうだ。再発達した台風がこれから九州に上陸、列島を横断する可能性があると、17日の「スッキリ」が警戒を呼びかけた。

  • 大雨に警戒が必要だ(写真はイメージ)
    大雨に警戒が必要だ(写真はイメージ)
  • 大雨に警戒が必要だ(写真はイメージ)

九州から瀬戸内海、東日本へ。各地で一気に大量の雨

   東シナ海にあった台風14号は当初、温帯低気圧に変わってから日本列島に接近する予報で、台風特有の雲行きがおとといはほぼ消えていた。それが、きのうから積乱雲がまとまり始め、さらに発達しそうだ。このリバウンド台風、きょう午後に九州に上陸した後は、あすにかけて列島を進む可能性が出てきた。

   気象予報士の藤冨郷によると、今夜は瀬戸内海を通り、あす朝は四国、その後は東日本に向かい、日曜朝に関東の東海上に出て温帯低気圧に変わる見通しという。

   司会の加藤浩次「予想がずいぶんと変わりましたね。どうして?」

   藤冨「台風を進める偏西風があまり強くなく、速度が上がらずに海水温が高いところにいて発達した。異例のことで、各地で5、6時間に一気に大量の雨が降りそうです」

   台風が抜けた後は、秋晴れが広がり、気温が上がるそうだ。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中