2021年 10月 20日 (水)

どうなる「段階的な緩和」 人流抑制&酒類禁止から新発想に?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   現在19都道府県に発令中の緊急事態宣言と、8県に適用中のまん延防止等重点措置だが、政府は明日28日(2021年9月)にも今月末の全面解除を視野に入れた決定を下すとみられている。「めざまし8」が都内各所の様子を取材したところ、解除を前に夜の街にはコロナ禍前の光景が戻りつつある。

  • どうなる「宣言」解除後の「規制」
    どうなる「宣言」解除後の「規制」
  • どうなる「宣言」解除後の「規制」

「めざまし8」が都内の居酒屋の様子を紹介

   都内の居酒屋では24日、お酒とともにカラオケを楽しむグループの姿が。取材すると全員がワクチン接種を受けた上で飲み会を開いているという。別のグループは近所の仲間や身内だけでひっそりと飲み会を行っていた。午後9時過ぎの新橋では居酒屋に呼び込みを行う人の姿が見られたほか、渋谷では午後10時を過ぎても多くの人の姿が。マスクをしていない人の姿も目立つようになり、歌舞伎町で横断歩道を渡る歩行者を定点観測したところ、1時間で116人のノーマスクや顎マスクがカウントされた。ノーマスクの人たちは番組インタビューに「肌荒れする。苦しい」「ワクチン2回打ったのでもう大丈夫かな」と訴える。

   人流が戻ってくる一方で、新規感染者の減少は続いている。東京都のモニタリング会議ではその理由についてワクチン未接種者の夜間滞留人口減少のほか、五輪開会式の時間帯に東京や銀座の人出が半減するなどオリパラ期間中の人出が減少なども理由として考えられるとしている。

   緊急事態宣言解除に対し、大野元裕・埼玉県知事はきのう「営業時間短縮要請など段階的な緩和に関わる内容を明記していただきたい」と政府に対し1都3県の要望を伝えているが、今後はどのような感染対策が求められるのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中