2021年 12月 7日 (火)

「肝臓貫通」刺し傷が意味するコト 中3同級生に刺され死亡

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   きのう24日(2021年11月)朝8時過ぎ、愛知県弥富市の中学校で、14歳の男子生徒が別のクラスの男子生徒に腹部を刺され死亡した。凶器の包丁は刃渡り20センチほどで学校の外から持ち込まれたもの。刺し傷は肝臓を貫通するほどの深さだったという。

   現場を取材した「スッキリ」の大竹真リポーターによると、犯行があったのは校舎2階の進路指導室前で、授業前の時間帯だった。現場に駆け付けたという校長は「状況を見ても出血があり、厳しい状態だと思いながらも救急隊が来るまでできる限りの心臓マッサージや意識の確認をしながら過ごした」と話した。通報で駆け付けた警察は、男子生徒を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。刺された男子生徒は病院に搬送されたが、失血性ショックで死亡した。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

「スッキリ」で吉川祐二氏が分析

   亡くなった3年生の男子生徒はクラスの人気者だったという。近所の人によると「野球で甲子園に行くと言っていた。親孝行で家族思いの男の子だった」と話す。

   一方、逮捕された生徒について校長は「生徒指導部会で毎週生徒指導に関わる事例について相談する会があるが、その中で問題になるようなことはないし、中学生としてある姿の中学生だと思う」と話している。事件があった中学校は3年生が2クラス、合計約50人で全員が顔見知りだったという。市の教育委員会のアンケート調査でもいじめの実態はなかったという。

   元警視庁刑事の吉川祐二氏は「自分の体をぶつけに行かなければ、肝臓を貫通するほどの刺し傷にならないと思う。至近距離から目の前で自分の全体重をかけて刺したということが考えられる。強い殺意と計画性があった」と分析する。

   その日の夜7時に緊急の保護者会が行われ、25日から登下校の見守りを強化し、スクールカウンセラーを増員し対応に当たるという。また、逮捕された男子生徒は警察の調べに対し取り乱す様子はなく容疑を認めているという。警察は容疑を殺人に切り替え動機や経緯を調べる方針だ。

   司会の加藤浩次は「計画性もうかがえる犯行で、慎重に調べていかないといけない」とコメント。

   タレントの池田美優(みちょぱ)は「動機がわからない。なぜ包丁で刺すところまでいったのか。私も小中と学年2クラスだったが、全員顔見知りで仲良し。そんな仲間が血だらけになった姿を見たほかの生徒のケアをしてほしい」と訴える。

   経営コンサルタントの坂口孝則も心のケアの重要性を説きつつ、「登校してすぐの時間。計画性もあり、なんらかの強い感情があったと思う」と指摘。

   タレントのモーリー・ロバートソンは「予兆もなくいきなり起きるこういう事件を、どうやって察知できるのかを考えると、暗澹たる気持ちになる。アメリカでは少年犯罪を防げていないが、背後には格差社会や貧困の問題もある」とコメント。

   加藤は「動機の解明が待たれます」とまとめた。

(バルバス)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中