2022年 5月 17日 (火)

20年ぶり「一夜復活」コントで「激アツ」 「ビビる」&「ノンキーズ」に「懐かしすぎ」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   1月19日(2022年)放送の「お笑い実力刃」(テレビ朝日系)は、「一夜限りの奇跡の再結成SP」だった。

   アンタッチャブルとサンドウィッチマンをMCに据え、実力派の芸人がネタを披露する番組。この日再結成を果たしたのは、ともに1990年代に活躍するも、2002年に惜しまれつつ解散したコンビ「ビビる」と「ノンキーズ」だった。

  • テレビ朝日の「お笑い実力刃」番組サイトより
    テレビ朝日の「お笑い実力刃」番組サイトより
  • テレビ朝日の「お笑い実力刃」番組サイトより

劇団ひとり「絶対売れると思ってた」

   ビビるはボケの大木淳さん、ツッコミの大内登さんが1995年に結成したコンビで、バラエティー番組「笑う犬の冒険-SILLY GO LUCKY!-」(フジテレビ系)などに出演し人気を博したが、02年4月に大内さんの芸能界引退で解散。現在大内さんはコンテンツ制作会社の代表取締役を務め、大木さんは「ビビる大木」の名でピン芸人として大活躍している。

   ビビるは「訪問者」というネタを当時のまま再現。大木さんの「水くれよ~」というセリフが印象的なコントで、同世代の柴田英嗣さん(アンタッチャブル)は「懐かしすぎるなぁ」と喜び、後輩世代の伊達みきおさん(サンドウィッチマン)も「面白い!」とうなっていた。

   一方のノンキーズはボケの白川安彦さん、ツッコミの山崎晋さんが1992年に結成。バラエティー番組でMCを務め、秋元康さんプロデュースで歌手デビューも果たすなど精力的に活動していたが、「ボキャブラ天国」人気によるお笑いブームに乗り切れないまま解散という結果に。山崎さんが一番よくしてくれた先輩だというゲストの劇団ひとりさんは当時について、

「俺も解散してたし(スープレックスというコンビで活動していた)、エルトンGOタカーズさんとか、猿岩石もU-turnもちょうどその頃、2~3年前までみんな幸せだったのが、氷河期があって続々と辞めていって、最後の砦ぐらいのイメージだったから、何かもう全部終わったなって感じ。絶対売れると思ってたから」

と、悔しい思いをしたと明かした。山崎さんはそんな劇団ひとりさんについて、「ボロボロ泣いてくれた。自分の解散の時はケロッとしてたのに」と振り返っていた。

   現在白川さんは放送作家として、山崎さんは「ヤマザキモータース」の芸名で、ピン芸人やお笑い芸人養成所の講師として活動している。

   ノンキーズは2人が最初に作ったというコント「人間観察」を披露。こちらも山崎弘也さん(アンタッチャブル)が「いや懐かしいね~」、伊達さんが「いや面白いな」「オシャレですね」とコメントするなど盛り上がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中