2022年 5月 24日 (火)

ベッキー「私はパンクでした」 コロナ自宅療養の苦労、「スッキリ」で語る

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   家族4人が同時期に新型コロナに感染したタレントのベッキー(37)が、自宅での療養生活の苦労をきょう2日(2022年2月)の「スッキリ」で語った。

  • 小さな子供がいる場合の自宅療養の大変さにも注目が集まっている(写真はイメージ)
    小さな子供がいる場合の自宅療養の大変さにも注目が集まっている(写真はイメージ)
  • 小さな子供がいる場合の自宅療養の大変さにも注目が集まっている(写真はイメージ)

「泣きながら相談にのってもらいました」

   ベッキーは元巨人コーチの片岡保幸(大)氏と結婚し、1歳の長女と2021年春に生まれてまだ授乳中の次女がいる。先月16日、片岡氏が倦怠感と微熱を訴え、翌日新型コロナ陽性が判明した。その日のうちにベッキーも悪寒などの症状が出始め、娘2人も発熱した。「2人とも抱っこしてほしいという感じで、ぐずりがすごかった。私は私で起き上がるのもやっとで、頭痛がひどかった。でも放っておくわけにはいかない。まだ検査の結果は出ていなかったが、絶対コロナだと思い、夫にも(子どもの世話に)合流してもらいました」という。

   ベッキーや娘たちもほどなくして陽性が判明。娘たちの熱は40度近くまで上がった。「ずっと泣き声を聞いていると精神的に参ってしまう。私はパンクでした」と振り返る。コロナについて相談できる電話センターに連絡し、「何日続けば肺炎になるのか、咳のしすぎで喘息にならないか、など泣きながら相談にのってもらいました」という。「お父さん、お母さん自身もコロナにかかって、子どももかかった時に、自分たちで頑張らないといけない人たちをどうサポートしていくかが課題だと思います」と話していた。

   MCの加藤浩次「子どもが小さいと全員隔離するのは難しい。犬山さん、わかりますよね」

   犬山紙子(エッセイスト)「うちでも家庭内感染を防ぐのは無理だな、と思いましたね。乳児は解熱剤など強い薬を飲めないし、授乳中の場合はお母さんも飲めない。その大変さはすごいと思います」

   佐藤昭裕(日本感染症学会専門医)「家庭内にコロナを持ち込まれてしまうと、小さい子どもがいる場合は防ぐのはほぼ無理です。家庭内感染を防ぐには、持ち込まないようにするという答えしかないのが現状です」

(キャンディ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中