2022年 5月 16日 (月)

日本女子カーリングの準決勝以降が楽しみ 玉川徹「スッキリいけるんじゃ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北京オリンピック・女子カーリングは、きのう17日(2022年2月)にスイスに敗れ、準決勝進出を諦めかけた日本チームだったが、カナダに順位決定ルールで上回って、一転、勝ち上がった。

   涙の敗北会見の最中に記者から『朗報』が伝えられ、選手たちは「エッ、ホントですか」と初めはきょとんとしていたが、コーチから正式に知らされると、吉田知那美選手は「ウソだあ」と大笑いしてのけぞり、藤沢五月選手は今度は嬉し涙になって崩れ落ちた。

  • 北京冬季五輪もいよいよ終盤(イラストはイメージ)
    北京冬季五輪もいよいよ終盤(イラストはイメージ)
  • 北京冬季五輪もいよいよ終盤(イラストはイメージ)

勝ち残ることができた理由・仕組み

   「なんで勝ち残れたのでしょうか」とけさ18日(2022年2月)の「モーニングショー」で司会の羽鳥慎一が解説した。「同じ勝敗数でもカーリングはサッカーのように得失点差がありません。そこで出てくるのがドローショットチャレンジというルールです。毎試合前にチームの代表選手2人がハウスに向かってストーンを投げて先攻、後攻を決めるのですが、その中心との距離を全試合平均して順位を決めます」(羽鳥)

   5勝4敗で並んだイギリスは35.27センチ、日本は36.00センチ、カナダは45.44センチだった。カナダより9.4センチ短かったため、1位スイス、2位スウェーデン、3位イギリス、4位日本、5位カナダとなり、4位までの予選通過ラインに滑り込んだのだった。

   日本はきょう18日夜に再びスイスとの準決勝、あさって決勝、あす3位決定戦が行われる。日本のメダルはどうか。長嶋一茂(スポーツキャスター)は「これまでのデータではっきりしてるんだけど、4番目に投げるスキップの藤沢選手の成功率が80%以上のときは全勝なんですよね。でも、僕たちは試合中はそれがわかんないんだよね」と期待する。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「(スイスに敗れ)1回、ゼロになっちゃった感じですよね。だから、憑き物が取れて、準決勝・決勝はスッキリいけるんじゃないかなあ」

   長嶋「彼女たちの戦いをあと2回見れるんですよね」。そう、メダルもさることながら、そっちが楽しみだ。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中