2022年 5月 22日 (日)

「真犯人フラグ」一星の「王子様」ぶりへ割れる反応 「きゅん」派VS「裏ありそう」論者

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)第17話が、2月20日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

   相良光莉(原菜乃華さん)を拉致・監禁し、その後、橘一星(佐野勇斗さん)も監禁していた本木陽香(生駒里奈さん)が逮捕された。橘は本木の部屋から自力で逃げ出し、道端で倒れたところを保護される。

  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
    日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより
  • 日本テレビの「真犯人フラグ」番組サイトより

「君は、シンデレラね」

   橘が社長を務めるプロキシマの社員たちは本木のことを橘のストーカーだと認識していたが、金城三伸(青木瞭さん)が、高校の制服を着た橘と本木が手でハートマークを作り、「LOVE」と書かれた写真とともに「今でも付き合ってると思ってた」と投稿しているSNSのアカウントを見つけ、二宮瑞穂(芳根京子さん)に連絡する。

   二宮が橘に問いただすと、橘は「そうだよ。付き合ってた」と、2人の過去を明かし始める。

   高校生の頃、駅のホームで電車を待っていた橘が、靴を履かずにボロボロのタイツでふらふらと歩き、線路に飛び込もうとしていた本木を助けた。

   本木が壮絶ないじめを受け、死のうと思っていることを打ち明けると、橘は本木に新品の白いパンプスを履かせ、

「やってみたいことがある。だめだったら死んでいいから。俺さぁ、だいぶイケメンらしいんだよね。実際モテるし。だから、俺が王子様になる。君は、シンデレラね」

と、カップルとして過ごすことを提案したのだった。 今まで隠していたことについては、

「俺はずっと、世界に笑顔がひとつでも増えればいいと思って行動してきた。でも、それはただの自己満で、実際は俺のせいで...そんなこと信じたくなくてさ。だから陽香を疑えなかった。みんなにも、言えなかった」

と打ち明けていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中