2022年 6月 30日 (木)

美咲すみれ(安達祐実)の驚愕行動 五十嵐とひなたにも余波 【カムカムエヴリバディ 第19週の見どころ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大月ひなた(川栄李奈)が企画した条映太秦映画村の「お化け屋敷」は大成功に終わる。

   結果、落ち武者の幽霊を演じた五十嵐文四郎(本郷奏多)の仕事も増えるが、五十嵐の表情は複雑だ。俳優としてのキャリアに焦りを感じているのだ。

   そんなある日、ひなたは榊原誠(平埜生成)がテレビの前で動揺しているのを目撃する。画面の中では、女優の美咲すみれ(安達祐実)が結婚記者会見を開いていた。

   そして、ひなたの弟・桃太郎(青木柚)の誕生日。大月家では五十嵐も招いて誕生日会を予定しているが、五十嵐は時間になっても現れない。ひなたは心配を隠せない。

  • NHKの「カムカムエヴリバディ」番組サイトより
    NHKの「カムカムエヴリバディ」番組サイトより
  • NHKの「カムカムエヴリバディ」番組サイトより

五十嵐の決断

   一方の五十嵐はその頃、やけ酒をあおっていた。そこにすみれが夫とともに現れる。五十嵐は酔った勢いですみれの夫に絡み、騒ぎになる。

   数日後、騒動を聞きつけた轟強監督(土平ドンペイ)は激怒。五十嵐に責任を迫る。五十嵐は映画村を去ることを決める。

   突然、五十嵐から別れを告げられ、落ち込むひなた。るい(深津絵里)はそんな娘にそっと寄り添い、「On The Sunny Side Of The Street」を歌って聞かせる。

   五十嵐の決意を知った錠一郎(オダギリジョー)は、俳優としての将来に展望を見いだせないでいる五十嵐にある話をする。

   1993(平成5)年。時代劇の置かれる状況がますます悪化する中、映画村の入場者数も減り続けていた。ひなたはアイディアを思いつく。外国人観光客を対象にした映画村ツアーだ。

   一方、野球部でのレギュラー入りが決まった桃太郎。藤井小夜子(新川優愛)に真っ先に報告しに行く。2人で一緒に家まで帰ることになり、喜ぶ桃太郎だが...。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中