2022年 8月 8日 (月)

安住アナの「好きな懐かしドラマ」 宇賀神メグの反応がイマイチだったワケ

モータースポーツの世界観を表現した『ECB-2000』

   「豪華俳優陣によるスペシャル座談会です」ときょう6日(2022年4月)の「THE TIME,」で、宇賀神メグ・アナウンサーが紹介したのは、春から始まるTBS系列のドラマに主演する二宮和也、高橋一生、上野樹里へのインタビュー映像だ。要は番宣なのだが、「俳優人生に影響を与えたドラマ」というテーマでは懐かしいドラマが話題にのぼり、スタジオでも盛り上がっていた。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

「俳優人生に影響を与えたドラマ」、二宮和也は...

   二宮が挙げたのは、木村拓哉主演の『ビューティフルライフ』。難病を抱え車いす生活を送る常盤貴子演じるヒロインと、木村演じる美容師との恋愛ドラマで、最高視聴率41.3%を記録した。影響を受けた理由について、二宮は「ドラマも素晴らしかったが、ロケ場所がウチの地元で、みんなで見に行ったから。あれをそのままリバイバルしてくれないかなあ」と話した。

   高橋が影響を受けたのは『JIN―仁―』。「あの作劇力。スタッフの意気込みを感じて素晴らしかった」。上野は自身が主演した『アリスの棘』を挙げ、「初めて明るい役じゃない役で、人相がかなり変わりました」と振り返った。

   スタジオでも好きな昔のドラマの話題になり、宇賀神メグは「『花より男子』ですね。小学生でしたが、翌日はいつもみんな道明寺派か類派かで盛り上がりました」。一方のMCの安住紳一郎は『想い出にかわるまで』と『パパはニュースキャスター』と意気込んで挙げたのだが、宇賀神の反応が今ひとつとあって、「世代が違うから、お互いポカーンという感じかもしれません」と苦笑していた。

(キャンディ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中