刑事と犯罪コーディナーターがバディを組む異色の連ドラ「インビジブル」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   TBS系「金曜ドラマ」枠で、4月15日の午後10時から放送している「インビジブル」を見ました。脚本はいずみ吉紘によるオリジナルで、主演は高橋一生、助演で柴咲コウが出演しています。(ネタバレを含んでいます)

   法医学者、交渉人など何かのプロが刑事とコンビを組むドラマは数多いのですが、今回は異色です。「インビジブル(目に見えない)」と呼ばれる、凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーター、つまり裏世界の人間がそれを担います。

   渋谷駅前で爆発事件が発生して、街頭ビジョンに次の犯行予告映像が流れ、刑事・志村貴文(高橋一生)を指名して情報を渡すと語ります。

   志村(高橋一生)が指定場所にいくと、柴咲コウが演じる謎の女キリコ(インビジブル)が現れ、次の犯行のヒントを告げるのです。

  • 柴咲コウさん(2017年撮影)が、謎の女「キリコ」を演じている
    柴咲コウさん(2017年撮影)が、謎の女「キリコ」を演じている
  • 柴咲コウさん(2017年撮影)が、謎の女「キリコ」を演じている

迫真の演技の高橋一生と、謎多きクールなインビジブル柴咲コウが魅せる

   正義を貫き、悪を追求するためには手段を選ばない刑事役の高橋一生の演技には、凄い迫力を感じます。

   キリコ(柴咲コウ)は、犯罪の裏を知っていて、異様なまでの落ち着きを見せて、志村(高橋)に情報提供する、謎の女を好演。奇抜な設定の中で、志村(高橋)とキリコ(柴咲)のキャラクターがぶつかり合うわけですが、異色のバディを組む二人に奇妙なまでに感情移入ができるのです。

   キリコ(柴咲)はなぜ志村(高橋)を指名したのか? 2人の関係性はどうなっていくのか? 真の悪とは何か?

   今後の成り行きが楽しみな作品です。

渡辺弘(わたなべ ひろし)
渡辺 弘(わたなべ ひろし)
1952年生まれ。東京大経済学部卒業。1976年に日本テレビに入社し、制作局CP、ドラマ制作部長として番組づくりの現場で活躍。編成局長、制作局長、取締役報道局長、常務・専務を歴任した。「マジカル頭脳パワー!!」「THE夜もヒッパレ」「「スーパーJOCKEY」「24時間テレビ」などヒット番組をプロデュースした。 現在は「情報経営イノベーション専門職大学」客員教授。映像会社「2501」顧問。
姉妹サイト