2024年 2月 22日 (木)

綾瀬はるか、新たな「天然」伝説 でも「真剣な一面」も魅力的!

   長谷川博己と初共演の映画「はい、泳げません」(2022年6月10日公開)の宣伝のため、情報番組を始めたくさんの番組に出演する綾瀬はるか。その天真爛漫ぶりが話題を集めている。

  • 綾瀬はるかさん
    綾瀬はるかさん
  • 綾瀬はるかさん

「こぼしちゃった......」

   9日放送の「ぐるぐるナインティナイン2時間SP」(日本テレビ系)でも、おなじみ「ゴチバトル」に長谷川と登場した綾瀬、設定金額2万5000円で高級和食に挑戦したが、前代未聞のハプニングを起こし、周囲に笑いを振りまいていた。

   というのも、「う鍋」を注文した綾瀬、よっぽど美味しかったのか、NEWS増田貴久の番の間も、鍋から出汁をすすっていたが、それを白いブラウスの胸元にこぼしてしまうという失態を。隣のノブ(千鳥)をチラチラ見たりしているとこに進行役の羽鳥慎一から、「何かありましたか?」と訊かれ、ビクッとし、「こぼしちゃった......」となんとも言えない表情の綾瀬。よく見ると結構な量をこぼしていて、周りから「着替えた方がいいんじゃないですか?」と気遣われるも、「いや、いや、乾かしたら(大丈夫)」と。が、さすがにこれは誤魔化しきれないと悟ったのか、「消えていいですか? じゃあ、ちょっと失礼します」と照れくさそうに着替えのために一時退出し、お着替えすることに。

   そんな綾瀬に、周りの男性陣たちがもうメロメロなのはわからなくもないが、池田エライザまでもが、手を叩いて大笑いしながら「もう~、大好き!」と呟いていたのが印象に残った。これが天然か、天然を装ったあざとい所業かというのは、勘のいい女性なら一発でわかる。綾瀬は真の『天然』だから「もうー、大好き!」となるのだ。

   そんなふうにいつも明るい綾瀬だが、5日放送の「日曜日の初耳学」(TBS系)では、「過去に2回、女優を辞めようと思ったことがあった」ことを明かした。特に「女優になりたい」と思っていたわけでは無かった綾瀬。オーディション会場でもふざけたり、友人と喋って説明を聞いていなかったりだったが、19歳の時に、初めて自ら「やりたい!」と思ったのが、「世界の中心で、愛をさけぶ」だった、と。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中