2024年 3月 5日 (火)

「刑事7人」柾木玲弥の演技に「号泣」 「クズの父親」への愛憎で「ぐちゃぐちゃ」な苦悩を表現

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   8月24日(2022年)放送の「刑事7人」(テレビ朝日系)第7話ゲストとして出演した俳優の柾木玲弥(まさき・れいや)さんの「父への愛憎」を巧みに表現した演技に、ツイッターなどで称賛の声が寄せられた。(ネタバレあり)

   中山信二(池田成志さん)という男が遺体で発見され、息子の西野晃(柾木さん)に警察から連絡が入る。駆け付けた晃が信二の額に触れ「よく冷えてますね」と言い放ち、天樹悠(東山紀之さん)と野々村拓海(白洲迅さん)は驚いたように顔を見合わせる。

  • 犯人は結局…(写真はイメ―ジ)
    犯人は結局…(写真はイメ―ジ)
  • 犯人は結局…(写真はイメ―ジ)

不倫相手を殺害し離婚していた

   「父親といっても離婚してから13年、全然会ってなかったものですから」という晃は、自殺とみられることを告げられても動揺する素振りを見せず、所持品の中から小銭だけを取って「あとは捨てといてください」とあっさり。司法解剖をさせてもらいたいと頼む悠には、「どうぞ。できればそのまま処分してもらいたいんですが」と事もなげに返した。

   信二は15年前に事業を始めるも早々に失敗し、多額の借金を抱え、妻の清美(中島ひろ子さん)には暴力もふるっていた。その上13年前に不倫相手の女性を殺害して7年の実刑判決を受け、それを機に信二と清美は離婚したのだった。

   さらに、小料理屋の女将・山尾京子(加茂美穂子さん)が殺害されているのが見つかり、カウンターに置いてあった煮物が信二の胃の内容物と一致していることが明らかに。専従捜査班は、独身という設定で店を営んでいた京子に言い寄っていた信二が、京子に結婚していると明かされ衝動的に殺害、その後自殺したという線で捜査しようとするが、悠は「違う可能性を捨てる根拠もない」と、独自に調べ始める。

   信二の貯金があれば相続したいとして接触してきた晃を、悠は信二が住んでいた寮に連れて行く。晃はゴミだらけの部屋を見て「あいつ、ここに住んでたんですか?」と驚き、「住み込みかもしれないけど、ここはあくまで会社の寮ですよね。他に自宅借りてたんじゃないですか?」と悠に問い詰めた。

   悠はさらに信二の住民票の住所だったマンションの1室に晃を連れて行く。生活感がなく、新品の布団が置いてあるのを見て、晃は

「女の人を連れ込んだ時のために取っておいたんじゃないですか?いい年して相変わらずなクズっぷりですね。この部屋も多分、カッコつけるためだけに借りてたんですよ。昔からそういう無意味な見栄を張る人間でした」

とうんざりした調子で語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中