2024年 2月 27日 (火)

<今週のワイドショー> ソウル群衆圧死事故 関心を集めた論点とは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で156人が犠牲となった群衆圧死事故は、警察や行政が危険を放置する「不作為」があったとして、ついに韓国警察庁が警察署や区役所を家宅捜索しました。群衆の誘導もなく、危険を訴える通報にも対応しなかったとされます。週明け10月31日(2022年)からのワイドショーは連日、事故の続報を取り上げています。

  • 多くの犠牲者を出したソウルの群衆圧死事故の検証が求められている(写真はイメージ)
    多くの犠牲者を出したソウルの群衆圧死事故の検証が求められている(写真はイメージ)
  • 多くの犠牲者を出したソウルの群衆圧死事故の検証が求められている(写真はイメージ)

警察の対応めぐる検証

   (J-CAST)ワイドショー通信簿の「ソウルの転倒圧死事故 羽鳥慎一『倒れてと思ったら、立ったまま窒息』」(11月1日、テレビ朝日系「モーニングショー」)は、多くの人が立ったまま圧死したと伝えています。当時、大人4人-5人分の力が四方八方からかかったと考えられ、大阪工業大学の吉村英祐教授によると、270キロ以上の圧力がかかると約10秒で呼吸困難になるといいます。

   「ソウル群衆事故 「THE TIME,」が伝えた遺失物センターからの情報」(2日、TBS系)は、事故当時の緊迫した通報と警察とのやりとりを取り上げました。「圧死しそうです。いま誰も統制していません」という通報に、「いま出動して確認してみます」と警察。「人が多くて圧死しています」との通報に、「圧死しているって?」と問い直すものもあったとあります。公開された通報は合わせて11件でしたが、このうち出動した記録は4件にとどまり、警察トップは現場の対応を謝罪しました。

   「ソウル群衆事故と『警察への事前通報』内容 加藤浩次『もっと早く動いてほしかった』」(2日、日テレ系「スッキリ」)も同じく、発生前の通報を紹介。「4時間近く市民が叫んでも、(警察は)追加の措置を取らず惨事につながった」と韓国メディアが批判している、と伝えています。

   「ソウル雑踏事故と『違法建築』 新事実わかるたびに『防げたのではと』」(2日、フジテレビ系「めざまし8」)は、現場周辺で違法建築が野放しにされていると指摘しました。通路に沿ったホテルでは、エアコンの室外機を隠す仕切りを設置。幅4メートル以上の確保が定められているのに、3.2メートルしかなかったとあります。

   「イテウォン群衆事故、『ウサギ耳男』が犯人だとする歪んだ群集心理」(3日、「モーニングショー」)は、SNSでデマや誹謗中傷が飛び交い、根拠のない犯人探しが起きていると伝えています。「ウサギ耳の男」が「押せ押せ」と煽ったとされ、顔の画像が拡散。特定された人は「芸能人がなぜ自殺するのか分かる気がした」と困惑し、別の男性も「私は梨泰院に行っていません」と訴えているそうです。

   衝撃的な事故や事件のあとは、確度のない情報が飛び交います。専門家が「特定の一つの原因で起きるのは極めて少ない」と指摘したと記事にあるように、いくつもの要素が絡んだと思われます。悲劇を繰り返さぬよう、詳細な検証と分析が待たれます。

(コムギ)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中