2024年 2月 24日 (土)

みちょぱ、池袋「家電量販店の出店反対」問題に素朴な疑問

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京池袋でデパートの売却をめぐって、区長がデパートの存続を求める(家電量販店の出店に反対の)嘆願書を発する異例な事態が起きた。西武百貨店を運営する会社「そごう・西武」が米投資ファンドに売却されたため、現在の西武池袋本店の低層・主要フロアにファンドと提携する家電量販店が入ったら「街のイメージ」が心配だというのだ。21日(2022年12月)の「スッキリ」が取り上げた。

  • 池田美優さん
    池田美優さん
  • 池田美優さん

「気にすることなの?」

   土地を所有する西武ホールディングスに宛てた高野之夫・豊島区長の嘆願書は「池袋のさらなる家電量販店の(競争)激化につながり、ブランド店や長年の顧客や富裕層も離れる」といった内容。「スッキリ」の取材に応じた高野区長は「街のイメージがガラッと変わってしまう」「ターミナルの1、2、3階に家電量販店ができたら、まさに家電競争の街になる」「怖い暗い汚い街に戻るイメージを作りたくない」と反対理由を語った。

   街を行く買い物客は「(出店しても)いいと思いますよ」とあっさり言い切る人がいる一方で、「もう家電量販店はいっぱいあるのでいらない」という区長支持派もいた。ヨドバシカメラは「コメントは差し控えます」、米投資ファンドのフォートレス・インベストメントは「将来の姿をそごう・西武のマネジメントとともに考えてまいります」としているが、区長は上層階に出店する妥協案も提示する構えだ。

   みちょぱこと池田美優(モデル、タレント)「出店は気にすることなの? 生活用品を売る店の方が(ブランド店より)住みやすさはあると思います」

   司会の加藤浩次「ビックカメラもヤマダもあるのにヨドバシカメラはダメとうのはどうなのか。しっかり話をすること、企業も地域と協力しながらやるのが大事だ」

(あっちゃん)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中