2024年 4月 13日 (土)

オードリー若林の「演技力」とCM撮影秘話 バカリズムとのトークで盛り上がる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   オードリーの2人がMCを務め、今注目の有名人と「打ち合わせナシのフリートーク」を繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系)。1月25日(2023年)の放送のゲストは、バカリズムさんでした。

   オードリーの2人にとって昔から共演が多い先輩であり、とくに若林正恭さんは「升野さん」と本名で呼びネタの相談もするほどの間柄。気心知れた3人ならではの「ここでしか聞けない」話も多く、お笑いファンとドラマファンの両方にとって見応えのある1時間でした。

  • テレビ東京の「あちこちオードリー」番組サイトより
    テレビ東京の「あちこちオードリー」番組サイトより
  • テレビ東京の「あちこちオードリー」番組サイトより

ドラマとコントの違い

   最近は脚本家としての活躍も著しく、現在放送されている「ブラッシュアップライフ」(日本テレビ系)も好調なバカリズムさん。超多忙にもかかわらず、ドラマ界隈では「締切を守る脚本家」として知られているのだそう。その理由について、「演者側として(台本を)待たされることを何度も経験していて、結構しんどいじゃないですか。その時に脚本家の悪口を言っていて、締切を守らないと今度は自分が悪口を言われるのが分かっているから」と、自分なりの筋を通していると説明します。

   ドラマとコントの違いについて話が及ぶと、「1時間のドラマを作るよりも、5分の面白いネタを作る方がよほど難しい」と断言。「ドラマはみんなで作るから、壁に当たった時に監督やプロデューサーに相談できる。でもコントは全部自分で調べて自分で書くしかない。ドラマは見ている人が自分の目が届かないところにいるけれど、コントは笑い声が起こっていない様子が放送される。そっちのほうがよっぽどプレッシャーだし、逃げ場がない」と語ります。

   テレビドラマでやたらと「脚本・バカリズム」が強調される件については「『バカリズムが考えた作品ですからね、あとは知らないですからね』って言われているような気分になるから、やめてほしい。撮影してみたらイマイチだったけど、(バカリズムの脚本と強調することで)製作陣は怪我しなくてもすむ、役者さんも損しなくてすむ」と話し、意外にもネガティヴな一面を見せます。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中