2024年 6月 15日 (土)

「どうする家康」信長が威嚇ウィスパー連発 家康の苦悩にも納得

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHKの大河ドラマ「どうする家康」4月23日(2023年)放送回。藤吉郎(のちの秀吉、ムロツヨシ)と共に金ヶ崎の戦いを終え、岡崎へ戻った家康(松本潤)。ホッとする間もなく、姉川の戦いが始まろうとしていた。家康は信長(岡田准一)に浅井・朝倉討伐の先陣を申し付けられる。(ネタバレあり)

   そんな中、信長を裏切った浅井長政(大貫勇輔)から「ともに信長を討ち取ろう」と書かれた密書が届く。信長に不信感を抱いていた家康は、信長を裏切るか否かの選択を迫られ心が揺らぐ。信長の脅威は骨まで沁みている家康は、これ以上信長の言いなりにはなりたくない。感情的には浅井側につきたい。

  • NHKの「どうする家康」番組サイトより
    NHKの「どうする家康」番組サイトより
  • NHKの「どうする家康」番組サイトより

「姉川の戦い」めぐり...

   姉川を挟んで両軍が向き合い、決戦の時が迫るなか、家臣たちも信長と浅井のどちらにつくか意見が分かれもたもたしていると、家康陣へ信長から銃弾が撃ち込まれたではないか。信長とムロ秀吉のサディズム的なニヤ笑いが印象的だった。

   すると、頭の中のループから抜けられない家康を見かねた家臣、酒井忠次(大森南朋)がきっぱりと「義なんて屁理屈」と言い放ち、さらに石川数正(松重豊)が、「将軍に逆らうということは逆賊になるということ、信長を倒したあとのどうするか考えておられるのか?」と投げかけた。

   この2人の揺らぎない信念と家臣としての助言が懸命でスッキリ。家康がいかに家臣たちに支えられていたかを伺える場面であった。「家康の悩み葛藤、見てる私も家康の気持ちになっててめちゃめちゃつらかった」「浅井につきたくなる気持ちは分からんでもない」「時間のない中よく決断したよ」といった投稿がネットで見受けられた。

   気になって仕方がないのは、信長の威嚇ウィスパーが多いのなんの。白兎と家康の掛け合わせがたまらなく好きなのは十分わかった。

   さて、岡崎から引間城へと移った家康。引間(浜松)は家康にとってアウェイ。いったい何が待っているのだろうか。武田信玄からも睨まれているから、まだまだ見逃せない。

(Y・U)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中