「これは相当びっくりしますね」(羽鳥慎一) 走行中列車の窓ガラス割れる

   福岡県内を走るJR香椎線の列車内で13日(2023年5月)、走行中に窓ガラスが突然割れる事故があった。15日の「モーニングショー」が取り上げた。

   視聴者が撮影した動画には、緊急停車した車両の中で、大きく割れた窓ガラスと車内に飛び散った破片を見て「え?え?」と戸惑う運転士の姿と、「何かドーンって音がして、その後にバラっと割れて...」と説明する乗客の声がおさめられていた。乗っていた約80人にけがはなかったという。

  • 走行中に…(写真はイメージ。本文とは関係ありません)
    走行中に…(写真はイメージ。本文とは関係ありません)
  • 走行中に…(写真はイメージ。本文とは関係ありません)

石原良純「飛び石ってありますからね」

   列車の窓には強化ガラスが使われていた。解説役のコダマガラスの児玉雄司代表によると「割れた時の破片が粉々になるため、乗客が大きなけがをしにくい」という。

   実験映像では、強化ガラスは平たいハンマーで叩いてもびくともしないが、先のとがったハンマーで叩くと簡単に粉々に割れてしまった。点の衝撃には弱いというわけだ。

   今回車両の窓ガラスが割れた原因について、児玉さんは

「何かしら小さいものが投げつけられたか、ガラスに元々キズが入っていて、そこに風圧が加わって割れた可能性もある」

と推測した。

   石原良純「飛び石ってありますからね。故意的に投げなくても、意外と石って車から飛んだりとかしますから」

   羽鳥「何か当たったか、経年劣化だったのかっていうところなのか...走ってる時にこれは相当びっくりしますね」

   窓ガラスが割れた具体的な原因はJRと警察が調査中だという。

(TT)

姉妹サイト