新宿駅刃物騒動でもデマ「火をつけた人いる」―玉川徹「起きた事よりパニックが怖い」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「きのう夕方です。JR新宿駅に到着した山手線からパニック状態になった乗客が次々とホームに飛び出してきます」とけさ26日(2023年6月)の「モーニングショー」で司会の羽鳥慎一が伝えた。

   25日午後4時頃、「山手線で刃物を振り回している男がいる」とJR新宿駅の駅員から110番通報が入った。非常ボタンが押されて車内はパニック状態となり、乗客たちはもみあって悲鳴があがる。ようやく開いたドアから乗客が次々とホームへと飛び出し、押されて転倒する人も。ホームにいた人も次々と逃げ出す。電車の中には逃げた乗客の靴やキャリーバッグなどが残されていた。「現場では、『火をつけた人がいる』とかいろんな憶測が出回っていて、結局何が起きたかその場ではわからない状態」(電車の乗客)だったという。

  • 怖いのはパニック
    怖いのはパニック
  • 怖いのはパニック

発端は料理人が落とした2本の包丁

   騒動の発端は男性が座席の横に置いた2本の包丁。男性は料理人で、「勤め先を辞めるから包丁を持ち帰ってきた。ちょっと寝てしまって、布巾に包んでいた包丁を落としてしまった」と話している。警察の調べでは、「刃物を振り回した」という事実は確認されなかった。

   この男性は罪に問われるのか。亀井正貴弁護士は「意識的に刃を見せていれば銃刀法違反などになる可能性がありますが、過失であれば犯罪としての対処はできないでしょう」と説明した。

   山口真由(弁護士)「転倒した方もいらっしゃって、人ごみの中では大きな惨事につながりかねません」

   玉川徹(テレビ朝日報道局員)「パニック状態が怖いです。起きた出来事より、パニックのほうが被害が大きくなることは避けなければいけない」

(みっちゃん)

姉妹サイト