「台風7号」お盆の日本列島に上陸!天達お天気キャスター「動き遅く風雨長引きます」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   お盆休みは台風6号と7号で大荒れとなりそうだ。けさ9日(2023年8月)の『めざまし8』で、天気防災キャスターの天達武史が伝えた。台風6号は鹿児島県の一部を暴風域に入れながら九州西沿いにゆっくり進む。とにかく動きが遅い。「時速10キロと人がジョギングするぐらい」(天達武史)で、今後も15キロ程度に上がるが依然グズグズだ。

   あすにかけて九州北部に最接近し、九州から東海地方の太平洋側では8月ひと月分の降水量を超える可能性がある。奄美地方などにはあすにかけ線状降水帯の発生も予想される。

   天達「その台風6号が進路を真北に向けるということは、同じ場所にずーっと熱帯の空気が入り続けることで、警戒が必要です」

   台風本体から離れた四国や紀伊半島でも、雨や洪水に警戒を要するそうだ。台風6号はまだ弱まっていない。

  • 週末から大荒れ
    週末から大荒れ
  • 週末から大荒れ

関東から近畿を直撃

   そこへ、きのう午前9時には7号が発生した。あさってにかけて小笠原に接近。連休明けに関東から近畿の範囲内に上陸するする可能性が出てきた。紀伊半島など、場所によっては6号より勢力が強まったり、動きが遅く風雨が長引いたりする可能性もあるという。

   倉田大誠アナウンサー「いやあ、なにもお盆に来なくてもというところ、ありますけれど」

   パックン(タレント)「このタイミングはいろんな面で残念だな」

(あっちゃん)

姉妹サイト